山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

制作

大きいものの拭き漆はたいへん

雨がちの天気になって、明日には暑さも一段落するそう。 すごしやすい秋の到来が待ち焦がれます。 栗の衣装箪笥の仮組みをようやくのことで解体して、装飾的な加工に入ります。 天板と同じように、鑿で斫り目を付けていきます。 鏡板や背板を作って入れたい…

一人じゃたいへんな仮組み

一昨日、台風が過ぎ去りました。 例によって消防団で出ることになりましたが、幸いにも、当地は一時間くらいざっと降ったものの、大雨が長く降り続くことはありませんでした。 しかし、40㎞くらい東に離れたところでは、府道が通行止めになるほどの大雨が降…

昨日は撮影会をしました

台風が接近しています。 今回の台風は雨が長く降るようで、それが心配です。 昨日は三角スツールと子どもイスの撮影会をしました。 ↑芝生でよくあるおしゃれ写真も撮ってみました。 家の前の近所の田んぼの畔ですけど…。 ちょうど良い芝の伸び具合で、「借景…

直交モード

まだ接着剤が乾ききっていないだろう一昨日から仕口の加工が始まりました。 これは柱の材料↓ いつものことながら墨付け・罫書はとても苦手ですが、今回はものが大きいので、なおのことやりづらいです。 今回の仕口はすべて直角なので、まさに直交モード。 枘…

矧ぎ合せの間に

お盆中に買い替えようと思っていた冷蔵庫が配送業者の多忙で届かない・・・。 冷蔵庫は、夏の暑さが涼しくなったころに届くようです。 そうだね、暑い時期には冷蔵庫もフル稼働だもんね。 どうやら新しい冷蔵庫も「働き方改革」で、ゆとりを持ったライフワー…

作業場の中心で・・・をさけぶ

一昨日の土曜日は小さな草刈りと題して、家の前の草を刈りました。 暑くてしんどかった…。 朝靄の出ている早い時間は刈払機を振りやすかったのですが、9時半ごろから日が照ってきて、辛いことこの上ない…。 昼を過ぎたころにようやく終えることができました…

やっぱりいいですね

図面をパソコンで描き始めて、はや数日。 はじめに書いた箪笥の図面の作品としての完成度がいまいちだったので、初めから描き直しました。 そして、ようやく、次に作る箪笥の図面ができました。 やっぱりパソコンで図面を描くのはいいですね。 このような少…

第二弾の組み立て

図面をCADで描くと、修正の手間が手描きと大きく異なります。 手で描くときは、新しい線を描いて、古い線を消したつもりが周りまで消えて…という繰り返しですが、パソコンだときれいで速い。 正直、この手間分が図面制作の大きな時間短縮になるようです。 次…

手描きから文明が進歩するかも

台風はとても短い命で温帯低気圧になり、東へ東へと進んでいるようです。 当地は雨、風ともに強くなることはなく、普通の雨の日といったところでした。 三角スツールの制作にもだいぶ慣れてきて、もう「単純な作業の繰り返し」といった感覚になってきました…

近畿は梅雨明けです

今日、「近畿は梅雨明けしたとみられる」とありました。 それにふさわしく、非常に暑くなりました。 京都市内では猛暑日となったようで、当地もそこまでではないにしろ、だいぶ気温が上がったのではないでしょうか。 また、夕立もあり、山地の夏にふさわしい…

第一弾の接着

最近、制作がちょっとはかどっているようです(←自画自賛)。 とはいえ、世間的に見たら、こんなペースで「普通」くらいかな。 もっと、手際の良さを向上させたいものです。 第一弾はついに接着、つまり組み立てに辿り着きました。 はいはい、この地獄二枚枘…

機械仕事と手作業の行ったり来たり

夏らしく蒸し暑くなってきました。 手袋をしていると、手が汗でむれてつらいです(・・・臭いも…)。 三角スツールの第二弾の脚は、いつも通り単調でつらい磨き作業を何とか乗り越え、終えることができました。 そして、次は座面の装飾加工。 まずは機械でサ…

もう一回

子どもイスは組み立てが終わったので、最後のオスモオイルの塗り直しをしました。 子どもイスはこれで完成です。 三角スツールの第一弾は捨て摺りを含めて4回拭き漆をしました。 それなりに漆が載った感じがするので、これでよいかな。テカテカにするつもり…

ストーブ点けた

この三角スツールは7月中に組み立てまで終えるつもりでしたが、やっぱり遅れて、お盆までには何とか終わりそうなペースです。 いつもながら、手が遅いです…。 第一弾の拭き漆組は漆が乾いたので、毛羽立ちをとるために、かる~くサンドペーパーをあてます。 …

月曜日は何の祝日だったっけ

3連休に突入しましたが、月曜日は何の祝日だったでしょうか。 ・・・あまりにも涼しい日が続くので、海は遠い世界の話のような気がします。 三角スツール第一弾はさっさと先に進めます。 さっさとは言うものの、この磨き作業にいつものように随分と時間がか…

真夏の鍋のような

ちょっと興味を引く丸太が出ているようなので、昨日は市場に行きました。 結局は落札はしませんでしたが、よいドライブになりました。 でも、暑い時期には丸太を見ても気持ちが盛り上がりません。 なんだか真夏に鍋料理を見ているような感じです。 それにし…

天気が変わりやすい

このところ、週間天気予報と実際の天気とがけっこう違い、なんだかよくわかりません。 今日の午前中は消防団の訓練でした。 数日前まで雨の予報が出てたけど、曇り空だったし、午後には晴れてきていました。 カンカン照りや雨の中の訓練でなく助かりました。…

ようやく「すりすり」が終わった

雨の日が続き、家の裏のシイタケの榾木にはゴムタケが大量発生です。 そんなに害はないキノコとされていますが、密集して発生している榾木は異様です。 人間の力ではどうにもならないことはさておき、制作の方はようやく子供イスの部材の磨き作業が終わりま…

手鋸(てのこ)で切る

大雨は困りますが、久しぶりの雨が降っています。 野菜と雑草が大きく生長することでしょう。 三角スツールの座面は厚みを決めて、形をとっていきます。 いざ切ろうと思ったら板の癖が強くて、丸鋸がとてもしんどそう。 では帯鋸で切ろうと思ったら、やっぱ…

草刈りで体が痛い

一昨日・昨日は家と作業場の周りの草刈りをしました。 年4回草刈りをすることに決めていて、家の前と家庭菜園だけの「小さな草刈り」と家と作業場の周りすべてを刈る「大きな草刈り」をそれぞれ2回ずつすることにしています。 今回は「大きな草刈り」だった…

飛び散る、飛び散る

近畿の今年の梅雨入りはずいぶんと遅いですが、家の周りでは蛍が飛んでいます。 去年は台風と大雨が多かったので、今年の蛍は少ないかもしれません。 ツリガネソウも咲き始めて、気分は梅雨本番ですが、雨は少ないようです。 ただひたすらに磨き続けて、よう…

今日は大雨です

今日は昼頃から本格的な雨降りで、大雨になりました。 これから雨のシーズンということで、去年のような災害にならなければいいのですが・・・。 昨年のように度々、消防で水防に出なければいけなくなるのは勘弁して。 それはそうと、最近は再びパソコン講座…

『伝統工芸木竹展』の当番と搬出

長らく開催されていました『第17回 伝統工芸木竹展』の神戸展に、当番として行ってきました。 会場の竹中大工道具館は新神戸の駅近くにある竹中工務店様の施設です。 新神戸駅は六甲山麓南側に建設された新幹線の駅です。 ここから南へ坂道を下ると神戸市街…

なんてなめらか・・・じゃない

少し前の話になりますが、先週の木曜日は近畿展の当番でした。 木竹工だけでなく他分野さんの作品も含めて、じっくりと見ることができました。 やはり、多くの素晴らしい作品を拝見するのは勉強になります。 そして、その近畿展の搬出が今週の月曜日にあり、…

切削切削切削

昨夜は久しぶりに雨が降りました。 太平洋側では大雨になったところもあるようで、被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。 当地では、ここのところ全く降雨がなかったので、恵みの雨となりました。 京都府北部では取水制限が出ていた地域もあり、また、…

なかなか進まない椅子の制作

5月とは思えない暑さのために、少々夏バテ気味。 木陰の我が作業場も室内がだんだんと暑くなってきました。 椅子の制作があまり進んでいません。 座面にも枘穴(ほぞあな)を開けました。 斜めだったり、傾斜がついていたりと、ちょっと難儀な穴あけでした(…

5月中に終わらせたい

歳をとるにつれて、5月のこの新緑の季節が何よりもかけがえのない時期なのではないだろうかと思うようになってきました。 桜が満開の季節や、紅葉が赤く色づく季節よりも、この季節が。 若々しい緑に包まれた山々を見るたびに、その生命力や可能性をつとに感…

長い休みが明けて

長い休みが明けて、やる気に満ちて・・・いればいいけど、体がなまってなまって仕方がありません。 なかなか制作へのエンジンがかからないよぉ~、♪ど~しちゃったんだ、へへへぇ~い ・・・小さな椅子の制作の前に、その次に作る三角スツールの脚の材料をと…

写真撮影とアップもしました

今日は私の誕生日。またひとつ馬齢を重ねてしまいました。 平成も今日で終わりですし、なんだかちょっと寂しい気持ち。 一方で、今年がもう3分の1も終わっていることにびっくりです。 この10連休の前半は雨の日が多かったですね。 唯一といっていい晴れ間…

いろいろな作業を並行して

雨が降るとなんだか気分が乗りません。 何となく、作業へもエンジンのかかりが遅いです。 座面のメタセコイアの寸法決めをしました。 う~ん、図面で考えていた時とだいぶ雰囲気が違います。 特に、このように厚みがあると、図面と実物の感覚のずれは大きく…