山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

制作

蟻だらけ

毎年、この時期になると家の中に蟻が侵入してきます。 いつも6月の半ばの半月間くらい、蟻の行列がごみ箱を目指していたり、畳の縁を一列で行進したりと。 7月に入るともう家の中には現れません。 なんでかなぁ~。 作業場でも蟻が大発生です↓ 向板は普通の…

躯体の組み立て

今日の午前中はムラの水路の草刈りでした。 そのあと、刈払機を持ったついでに家庭菜園の周囲の草刈りを済ませました。 今日も梅雨晴れの日差しがきつい外の作業でした。 吊桟の引き出しの棚は躯体を組み立てています。 側を接着したら・・・ 貫(ぬき)と天…

梅雨はどこに行った?

梅雨はどこに行ったのかと思うほど、今日は良いお天気でした。 風も蒸し暑いわけではなく、心地よい爽やかさ。 でも、夜飛んでいる蛍はもっと雨と暑さが欲しいのかな。 吊桟の棚は躯体の部材がほぼすべて揃い、天板はいつものように蟻桟(ありざん)で仕口を…

びっくりした~

板を出そうと木材小屋の2階で板をよっていたら、除けた板の下から蛇が出てきました。 とってもびっくりしました。 蛇もとてもびっくりしたのか、瞬く間に板と板の間を潜って消えていきました。 青大将だったかな。結構大きかったなぁ。 欅で作っているのはこ…

今日から梅雨だそうで

今日から梅雨だそうで、しとしと雨の一日でした。 雑草は良く伸びています。一方で、野菜は負け気味です。 作業場では欅(けやき)を加工しています。 体中が欅くさいです・・・。 とりあえず、枘(ほぞ)の加工が終わりました。 板を矧ぐ(はぐ)作業もして…

楢をテイスト

去年、製材した楢(なら)の試しを兼ねて、積み木を作りました。 家具にするにはもうひと夏置くところですが、積み木ならば細かくしてしまうのでいいかなと思って加工しました。 1月にその他の積み木と一緒に加工したいところでしたが、春にならないと虫が出…

積み木が出来上がりました

ようやくのようやくで、積み木が完成しました↓ いろいろな樹種と形が入った3段セットです。 1セットでこんな感じ↓で遊べます。 (う~ん、もうちょっとカメラアングルを工夫して撮ってあげたかったなぁ。照明も蛍光灯色になったし…。今度また自然光で撮り直…

あともう少し

積み木づくりもそろそろ佳境、あと少しです(パソコンの調子のおかげでこちらも数日前の記事です)。 積み木の箱はオスモオイルでの塗装が終わりました。 一方で、焼き印ですがこちらはようやく終わりました。 水道橋の焼き印は左右端にしました。 そして早…

塗装もなかなか進まない

塗装も思うように進みません。 積み木のピースから浮気をして、箱を塗装しましたが、こちらもなかなか…。 ・・・以上、報告終わり。

4連休ですね

自営業の私は連休中でも渋滞情報を聞きながら木工ができる、幸せ。 ・・・積み木がいつまでも終わらないからですよ…。 高台の四方桟が足りなくなっていたので、再び材料をとりました↓ スーパー2度手間。まさに時間の無駄遣いをしてしまいました。 底に嵌めて…

何かにつけて少しずつ

箱の側面もサンダーで磨いたので、底の桟を付けます。 これは流れ作業でパッパとこなします。 でも、桟が足りなかった…。 また一から材料をとらないといけません。 一番やってはいけない二度手間だよ…。 片や、焼き印も入れていきます。 ルーティーンと思っ…

焼き印と塗装

「この木の種類は何ですか」というご質問をたびたび受けます。 いろいろな種類の木が入っている積み木では、なおさら皆様お気になさるでしょうし、こちらとしても樹種によって様々な個性があることを感じてもらいたいと思っています。 ということで、積み木…

やわらかいそば屋

側面の目違いも機械でとり、面取りをしたら、盛りそばの器がやわらかい印象に。 積み木の箱は30セット分くらいです。 積み木本体に比べて数が少ないので、追々、作り足さなければならないところです。 そして、面取りをしたらば、これまでさんざんやってきた…

もう夏が来たのかな

4月だというのに、日中は半袖でも暑いです。 もう夏が来たのでしょうか。 なんぼ何でも夏の訪れが早すぎやしませんか。 もしかして、もうすぐ一年中「夏」な世界になるのかな。 箱の制作は断続的に接着を進めてきました。 並行して、上下の目違いをとること…

そば屋のようだ

道具の関係で、4個ずつ接着・固定しては待ち、また接着の繰り返しで積み木の箱を制作しています。 だんだんと箱が溜まっていき、作業台がそば屋の厨房のようになってきました。 今流行りのモリ・カケで言ったら断然、モリ、盛りそばしかありません。 一方で…

箱の組み立て

今日は消防の活動があるはずでしたが、雨で中止になりました。 みんな入ろう消防団。・・・田舎ですから。 積み木の箱は磨きをして、組み立てに移りました。 道具の数が限られているので、数個ずつしか接着できません。 固定しては他の作業をしての繰り返し…

絵のないサンダー

やっぱりサンダーをかけていきます。 ところで、今回の積み木では仕上げ鉋をかけていません。 サンダーを強めにあてて「ナイフマーク」もとっています。 木工作家の皆様ごめんなさい。 岩井は暗黒面に落ちました。 私の才覚と運動神経ではストーム〇ルーパー…

埃と音とわたし

♪もうすぐ出来上がる積み木のため~・・・ 最近、他の人のミニサンダーを使うことがあったのですが、うちのよりもずっと静かでおとなしく扱いやすい。 もしかして、うちの(ミニサンダー)壊れてる? ♪君と前々々・・・←この前もやったからもういいよね、す…

手作業の磨きが終わった

ようやく「水道橋」の面取り部の磨き作業が終わりました。 長い時間がかかりましたが、これで手作業による積み木本体の磨き作業は終わりです(たぶん)。 次の作業はサンダーでの表面磨きです。 一方で、箱の方は底板の溝突きです。 昇降盤で突き通すと穴が…

楠はうまく割れない

大事な大事な板の整理が終わったので、製材時に出た木っ端(こっぱ)を薪にして片づけをします。 チェーンソーでの玉切りと薪割り機の往復です。 初めて楠を割ってみましたが・・・ あまりうまく割れません。 なんだか鶏のささみをほぐしているみたいになっ…

大方、片が付きました

今日も暖かく、残念ながら、木を運ぶにはもってこいの陽気です。 ここのところ毎日毎日が重労働で体が悲鳴を上げています。 でも、変な形で寝違えそうな板を見ていると、早いところきれいに積んであげないとと思います。 そういえば、最近毎日ブログを更新し…

重い、とっても重い

あまりにも晴れた日が続いているので、たまにシイタケの榾木(ほだぎ)と桐に水をやっています。 ・・・お~きくな~れ、お~きくな~れ・・・ いや、別に大きくはならないですけど。 今日はとっても重い思いをしました。 というのも、ついにあの木を動かす…

近所の人に「大工さん」って呼ばれた

近所の人に「大工さん」と呼ばれました。 うちは木工やで大工さんではありません。 でも、このブログをはじめてみる人には大工さんに見えるかもね。 まあ、建築の仕事に比べれば私の小屋づくりは小学1年生みたいなものですけど。 板はきれいに積みます↓ これ…

暑いくらいの陽気

暑いくらいの陽気で、体を動かす作業はなかなかたいへんです。 小屋づくりは躯体と残りの足固めから。 穴を3つ掘ります。 単管で躯体を作り、様子を見ます。 うん、なかなかいい感じ。イメージ通りにいってます。 形が決まったので、足を固めます。 再び、コ…

木材が届きました

昨日・今日で製材した木材が届きました。 写真には写っていない栗の束も併せて、4トン車2台分です。 製材してからというもの快晴の日が続いていたので、残念ながら干割れが結構起きています。 製材所では割れ止めが塗れないので、仕方がないです。 製材直後…

木を迎える準備

明日、明後日と製材した板が届く予定なので、それを迎える準備をします。 今回の桐の板は長尺なので、本来は立てて雨ざらしにしたいところですが、寝かせて雨ざらしにします。 来たらすぐに片づけられるように、予定地を作っておきます。 また、木材を積むと…

2018年の製材(その2)

この時期は暖かい日もあろうに、私が製材をするときはいつも寒い日です。 一昨日に続いて、今日も雨が強く降り、そして寒いっ。 初めに断っておきますと、この投稿はとても長いです。 まずは前回の投稿で載せられなかった欅1と桐の「完成図」から↓ 桐はこん…

2018年の製材(その1)

午前中に市に参加し、今日買った丸太も含めて製材所に運んでもらいました。 ということで、今シーズン仕入れた丸太の製材のはじまりはじまり…(まあ、プロの皆さんにお願いするんだけどね)。 今年は去年よりも多いので、1日半と思い、今日で午後の半日、後…

今日は市日でした

寒い中、今日は市日でした。 市の日はウキウキで出かけるのですが、あまりにも肌寒い雨なので、ちょっと気乗りがしません。 でも、今日で今シーズンの買い付けは終了と思って出かけました。 広葉樹にはいいのがなかった(薪にするにはちょうど良いのがあった…

ほとんど進んでいない

ほとんど進んでいない積み木の制作。 長い棒の面取りの磨き作業はほんの少しだけ進みました。 このパーツが500枚ある上に、刃が普通の丸鋸刃しかないので、遅々として進みません。 でも、今日でようやくムラ仕事も一段落して、制作に取り掛かれる時間は増や…