山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

制作

来週から暖かくなるようで

薪のないつらい毎日を過ごしていましたが、ついに来週から暖かくなるようです。 どれだけ待ちわびたことか…。 そして、暖かくなったら、去年植菌したシイタケも出てくる・・・はず。 去年植菌したのは中高温品種でしたが、せっかちな芽はいくつか芽切りして…

歯も工事中です

虫歯の治療はいよいよ奥歯の本丸を直しています、・・・というか、歯医者さんが直してくださっています。 先日はその神経を抜いた痕に詰め物をしたので、延々と口を開けていました。 「もっと口を開けて」「もっと開けてっ」と度々、先生に注意されていまし…

久しぶりのブログの更新

なんだかやらなくてはならないことがいろいろあって、ブログの更新がおろそかになっていました。 やらなくてはいけない筆頭がこれ↓ シイタケの情報収集・・・ではなくて、確定申告の準備。 この一週間はかかりきりではなかったけど、ひとかどの時間をとって…

足踏みをして

次の制作の荒取りをして新しい薪を手に入れましたが、贅沢使いはできません。 体を動かして暖かくなりましょう。 機械でサクッと面取りをして、再びサンダー作業・・・ サンダーを掛けているときは、立ったままで動きがないのです。 そのため、足元から冷え…

おじいさんは山へ柴刈りに・・・ではなくて

薪がなくなり、火という最初の発明を失ったので、作業場は人類有史以前になってしまいました。 寒すぎる。寒い以外、なんに~も考えられない。 そうだ、次の木取り・荒取りをして、木っ端を手に入れよう。 おじいさんは山へ柴刈りに・・・、ではないけど、火…

2月は確定申告

2月になりました。確定申告の季節です。 先月から申告の準備をしなければいけないと思いつつ、進んでいません。 そもそも、領収書すら整理できていないので、そのパソコン入力からです。 でも、パソコンを開くとG□□gleでシイタケのことばかり検索してしまい…

枘挽きは寒い

枘挽き(ほぞびき)は冬やるものではないですね。 恐ろしく寒いです。 そんなこんなで、小さなスツールの制作は遅れています。 枘穴の加工も角鑿(かくのみ)が逃げて、手作業の修正が多くなりました。 そして、ようやく仕口の加工が終わりました。 残念なが…

なんとなく雪

大雪が心配されましたが、今日は何となく降っている感じで、積雪は5㎝にもなりませんでした。 朝から増えもしなかったけど、減りもしなかったので、0℃くらいの気温だったのでしょう。 とても寒い一日でした。 そして、作業場の薪がほとんどなくなりました。 …

六角スツールの加飾

週末は天気が崩れるようでとても心配です。 大雪にならなければいいのですが…。 こればかりはどうしようもないですね。 私は日曜日に木材の移動を終えて、体中が痛いです。 虫歯も痛いです。お金がないので頭も痛いです。 ・・・そんなことはさておいて、月…

ひと仕事済んだ

今日の午前中はムラ仕事でした。 午後は昨日に引き続き、木材小屋の整理です。 ・・・よいしょよいしょよいしょ・・・ ようやく終わりました↓ 改めて気が付いたけれども、欅(ケヤキ)が多いなぁ。 同じ欅でも個体によって結構、木の質が異なります。 写真で…

歯医者はやっぱり嫌いです

歯が痛み出してどうしようもないので、歯医者に通い始めました。 やっぱり、あの音は苦手で、歯医者はどうしても好きになれません。 でも、痛みがなくなって、気分は上々です。 今日はだんだんと天気が良くなってきたので、木材小屋の整理をしました。 材を…

歯が痛い

先週あたりから、どうも歯が痛くて、昨日・今日はだんだんとその痛みが増してきています。 う~ん、久しぶりに歯医者に行かなくては…。 とっても木が重い、もとい、気が重い。 もっと小さなスツールは寸法取り。 昨日・今日はただひたすらに機械をかけ続けて…

今日はとても良いお天気

今日はとても良いお天気で、また、ムラの新年会でした。 今年はうちの近所が当番なので、日中はそちらに出ていました。 しかし、こんな快晴は、この時期には滅多にありません。 「こんな天気だったら、仕事するのに・・・」という声が、そこここのご年配の方…

ようやく始まった

今日、シイタケの榾木の天地返しをしていたら、バク(アベマキ)からいくつか小さな芽が出ていました。 もちろん、寒すぎて成長はできませんが、今春に向けて期待が持てそうです。 作業場では、ようやく、もっと小さなスツールの制作が始まりました。 ・・・…

漆部屋ばかり

「もっと小さなスツール」を早いところ始めなければいけないのですが、まだ始められていません。 六角形スツールは、私が卒業した学校のOB展に出すつもりでいるので、どうしても1月中に完成させなければいけないのです。 もちろん出品するのは1つですが、…

心配されていた雪もわずかで

心配されていた雪も、当地では国道にうっすら積もるほどですみました。 家から国道までの道も、除雪が必要ではなく、安心して市に出かけられました。 なんと、市場のある地域は全く雪がありません。 「昔は雪が・・・」という話は本当に昔話になった感があり…

またひとつ課題が

私の頭の中はまだ正月ですが、いつしか七草も終わり、小寒も過ぎているので寒さは本番。 小さなスツールは3回目の接着です↓ はいはい、これで最後、終わり。めでたしめでたし。 ・・・と思ったら、さらにもうひと回り小さなスツールを作ることにしました。 …

穏やかな正月でした

今年のお正月は、当地は穏やかな正月でした。 今日は雨が降ったものの、1日2日は太陽が顔を出しており、気持ちのいい新年の幕開けとなりました。 小さなスツールを早いところ完成させて、狭い作業場を少しでも広くしたいものです。 今日は座面の接着の2回目↑…

油断したら

心配されていた大雪も当地はほとんど降りませんでした。 積もったのは昨日の朝で10㎝くらい、雪かきも必要ないレベルです。 小さなスツールのサンダーを掛けてかけてかけて・・・ ・・・ぶうぃ――――――ン、ブウィーーーーン・・・ ・・・そして、ようやく終わ…

やっぱりつらいサンダー

今日はまだ雪が降りませんでした。 明日はどうでしょうか。大雪はやめてほしいです。 引き続いて、面取りなどの最終加工です。 これで、ほとんどおしまい。 ここからは、ホント~に嫌いなサンダー掛けです。 ・・・ぶウィーーーーン・・・ ・・・究極の単純…

形になった

明日から寒波が襲来するようで、大雪になるか心配です。 25㎝以上積もると家から出られなくなるので、今年の正月はどこにも出られないかもしれません。 まあ、雪かきをすればいいのですけどね。 平成最後の年末までにこの小さいスツールを作らなければいけま…

間に合うかな

年内に小さいスツールも作ると宣言しましたが、進み具合はどうでしょうか。 今日も枘と枘穴の加工です。 右の部材の加工に、前回同様、時間がかかりました。 これらは「棚」の材料ですが、この加工もあともう少しです。 このまま進めば組み立てを除いて、今…

年末ですね

年末ですね。なんだか気分も盛り上がります。 でも、この時期に事故が多くなります。 今年も無事故で終わるために、あともう少し、機械仕事は細心の注意を払って制作をしましょう。 まさにここ数日は機械仕事ばかり、木工は機械音が結構ひどいので、耳も辛い…

なんだか暖かくて

今週はだんだんと暖かくなって、接着には好都合です。 小さいスツールをさっさと作ってしまいましょう。 機械さんにお願いして、寸法を決めてもらいます。 もちろん、うちの前世紀も中盤の機械たちはオートマティックではないので、こちらが行ったり来たりし…

ドライブになってしまった

お日様が出ると少し暖かい中、今日は市日でした。 雑木はそれなりに出ていましたが、意中の丸太に近いものがなかったので、競りはほとんど見ているだけでした。 唯一の競った朴の丸太もあまり追いませんでした。 今期は栗がぽつぽつ出ていて、昨季にちょっと…

接着を始めました

スツールの大きい方は接着を始めました。 まずは座面を接着してしまいます。 ところで、昨日・今日と苦戦していたのは手押しの刃の交換でした。 なんだか3枚がうまく揃わなくて、併せて2時間を消耗していました。 年末ジャン〇宝くじが当たったら、「遠心ブ…

豆鉋の刃を買いました

今日はムラ仕事でムラの中を行ったり来たりしていました。 ところで、最近、豆鉋の刃を買いました。 刃幅は15㎜くらいのものです。 実は1枚4000円くらい・・・。 仕事をするためにはまず道具なので、致し方ないですが、貧乏人には痛い出費です。 もちろん、…

ただひたすらに

昨日の予告通り、今日はサンダーの一日です。 ・・・ブウィーーーーン・・・ ただひたすらに、サンダーを掛けていきます。 ・・・ブウィーーーーン・・・ 黄蘗(きはだ)はどうもよくありません。 粉を吸い込むと、気管でむせて苦しい咳が出ます。 これは私…

面取りとサンダー掛け

今年は作業場での作業が多い(当たり前か・・・)ので、薪ストーブを焚いている時間が長いです。 そのため、薪がくべられたハイ、クライマーズハイのようにどんどんと消費されます。 春まで持つか不安です。 スツール作りは部材の仕口が加工し終わったので、…

初雪でした

北風が吹く冷たい朝になり、明け方、初雪が降りました。 だんだんと作業場の薪ストーブを点けても汗をかかなくなり、辛い季節となってきました。 スツールは10個ほどなので、10日間くらいで作りたいところです。 しかし、いまだに道半ば…。 そろそろ見通しが…