山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

制作

体中が筋肉痛

山に入って木を伐っているので、毎日、体中が筋肉痛です。 筋肉痛だと朝から疲れのようなものを感じて、ちょっとスタートが遅れ気味。 そんなことでは木工制作の記事がアップできるような、はかばかしい進展ができません。 ・・・さあ、やるぞぉ~。 編み座…

溶接の安全講習が終わりました

昨日でようやく溶接の安全講習が終わりました。 全9回でしたが、参加者も少なく機械に対して一人一台で、実習では手動なり半自動なりをほぼ通して扱いました。 あんまり安全にかかわる講習が少なかったような・・・。 何かきのこでも制作でもきのこでも利用…

カーブを作る

車のタイヤも交換したし、今週には雪がちらつくかもしれません。 編み座スツールは遅々として、制作が進んでいませんが、作業場で作業をするのは薪ストーブがあって暖かいです。 だいぶ暖かくて、制作そっちのけで眠くなることもあります。 その編み座スツー…

このところ制作に時間がとれませんでした

ATCの販売もあり、なかなか制作に時間がとれていませんでした。 溶接の安全講習もまだ続いていますし、その最終の実習では各自が好きなものを作れるので、その材料を買ったり、CADで図面を引いたりもしていました。 忘れちゃいけない、シイタケのこと、シイ…

時雨れてきた

冬型の気圧配置になり、当地も雪ではないものの時雨れてきました。 晴れたと思ったら、雨が降って、降ったと思ったら、晴れたり・・・。 そんな中、今日は市日だったので、出かけてきました。 今日は桧(ひのき)を買いました↓ 木材置き場の屋根を作るのに、…

終わりと始まり

霜が降りるようになって、朝がつらくなりました。 シイタケ農家としては朝が遅く、木工作家としては夜が早いことを信条としている私には、ますます朝のモチベーションが下がります。 桧天板の片袖机には取っ手を付けました↓ ということで、これで本当に完成…

ストーブをがんがん焚いて

明日から真冬並みの寒気がやって来るそうで・・・、もう季節は冬間近。 とはいえ、紅葉は遅れていて、キノコのための原木伐りはもうちょっと待つことにしました。 溶接の講座は実習が始まったけど、すぐに溶接棒が引っ付きます。 とても難しい…。 でも、棒を…

あと、もう少し

桧の片袖机はあともう少しです。 ご覧のように、躯体の組み立てをしました。 そして、接着剤が乾いて、クランプをとったら、引き出しを調節します。 取っ手がないのでのっぺらぼうですが、ようやくイメージしていたものが具現化しました。 もう一台の躯体も…

組み立てるとよりカラフルに

昨日の晩ごはんは、栗ご飯と銀杏とシイタケにゆずのポン酢を食べました。 とても秋の味覚です、栗と銀杏はもらいものでしたが。 桧天板の片袖机は組み立ての第一弾。 組み立てると側板の「シマシマ」が入って、とてもカラフルに見えます。 だいぶ騒がしい感…

ヒールを履かせます

晴れた日が続くようになってきて、制作もやりやすいです。 うちの作業場はただでさえ日当たりが悪いもので・・・。 桧天板の脚には「ヒール」を履かせるのです↓ ウォールナットで継いでアジャスターをつけました。 特に「自然の木」を使うと天板が引っ張った…

身の丈ではなくて

世間では盛んに「身の丈」が強調されていますが、私は「シイタケに合わせた」生活となっています。 「身の丈」と聞くたびに、シイタケに置き換えられたらもっと世界は平和的なのにと思う毎日です。 ・・・シイタケのことばかり考えていないで、制作も進めま…

木々が紅葉してきて

木々が紅葉してきて、シイタケ栽培のために山の木を伐り倒したい衝動に駆られる頃です。 ・・・環境破壊じゃないよ。山の傾斜がそれなりに急で、楢枯れも入るこの土地の里山の適正な萌芽更新というやつです。 それはさておき、たまには木工の話題でもやりま…

ちょっとだけの木材置き場の2期工事

桧天板の片袖机は引き出しの材料を取りつつ、かけられるものからサンダーを掛けています。 ・・・ブウィーーーーン・・・ そして、たまに手鉋で仕上げ鉋もかけています、ほんのちょっとだけ。 いつもサンダーはすぐ飽きるので、木材小屋の隣に木材置き場を作…

角鑿の箱の方が折れた

ちょっと前の話ですが、日曜日はムラの神社の秋祭りでした。 子どもも少なくなって、だいぶ寂しい感じ。 私は消防団で交通整備に行っていました。 最近の若い人たちは土日もお勤めの人が多く、おっさんが代表して行ってきました。 それはともかく、桧天板の…

いつものように蟻桟を通します

きのこのばかり考えて、そちらに浮気をして制作の進みがちょっと悪くなっている・・・かな。 荒取りした材料の寸法を決めます。 ・・・ それぞれ、数が少ないので、どちらかというと機械の往復で時間を取られている感じでした。 天板には今回も蟻桟を通して…

ようやく始まりました

朝夕が寒くなってきたので、一昨日から作業場ではストーブを使い始めました。 今季の薪は昨季よりも多いので、たぶん春までもつでしょう。 制作がもっとはかどれば、木っ端も良く出て薪が増えていくんですけどね。 桧天板のデスクはようやく躯体の材料取りに…

シマシマ

ここ数日にわたって材料を取り、加工していた背板・側板がようやく接着に入れました。 桧と杉のシマシマです。 材料を取ったものを計算してみたら、全部で1坪ちょっとでした(苦労した割には案外少ない…)。 まあ、このためだけに板を消費したわけではなく、…

衣装箪笥が完成しました

この前に投稿した「きのこ」と「家庭菜園」と前後していますが、こちらはここ数日の内容です。 「桧天板」は本実を、桧のかぐわしい香りの削りかすまみれになりながら加工し終わりました。 そして、接着です。こちらに接着できたものがございます↓ ・・・も…

杉と桧の香りが結構つらい

桧天板の片袖机はとりあえず、時間のかかってしまう作業から始めています。 すなわち、側板・背板にする矧ぎ板の接着です。 というわけで、杉と桧をただひたすらに仮の厚みと幅を出して矧ぎ合せていきます(ハタガネが少ないの…)。 結構な量の杉と桧の鉋屑…

そろそろ次に取り掛かりましょう

秋になり、頭の中はきのこのことでいっぱいです。 きのこのことを考えているだけで、とても幸せな気分になります。 ・・・ ああ、そうそう、木工の制作ね。 引き出しその他の捨て摺りが乾いたので、その空研ぎです。 ・・・シャカシャカシャカ・・・ そのの…

箪笥の木地が揃いました

もう2ヶ月ほど作っている(いつまでやっているんだ?)衣装箪笥もようやくの事、木地作りの佳境、引き出しに取り掛かりました。 材料の寸法を出したら仕口の加工をします。 ・・・ 引き出し材は桐ですが、写真のように蟻組(ありくみ)にしました。 前板の栗…

取っ手は2つしか使わないのです

今回、取っ手は2つしか使わないのですが、機械で作る都合上、ある程度の数をまとめた方が都合が良いのです。 ・・・と、面取りの荒取りまで、一部を除いて機械作業でやってきました。 ここからは手仕事です↓ 3Dソリッドのサーフェス編集をしております。 豆…

とっても、とっても

昨日は今年最後の草刈りをしました。 今回の草刈りで家と作業場の周りをきれいにして冬を迎えるので、「大きな草刈り」です。 朝の6時半から夕方までかかりました。 幸いに気温もそんなに高くなく、陽も陰りがちだったので助かりました。 混合燃料にして2ℓ弱…

ラグビーボウルって面白いですね

ラグビーはあんまりルールがわからないけど、ラグビーボウルは好きです(もちろん、ラグビー自体も面白いよね)。 ボールって遠くに飛んだり転がったりするために合理的な「球体」を求めるにもかかわらず、ラグビーボウルはむしろ「うまく飛ばない転がらない…

玄関開けたら2歩で

ここのところ祝日ばかりで曜日の感覚がありません。 今日は何曜日でしたっけ? その前に、僕の気分はいつも夏休みだから曜日の感覚がないのかな。 衣装箪笥の躯体の最後の組み立てを嫁さんに手伝ってもらってやり終えました↓ 玄関開けたら2歩で衣装箪笥です…

半袖では寒い

半袖では寒くなってきました。 昨日の朝は12°まで下がって、シイタケさんには刺激が強すぎます。 もう少し気温が安定するまで、芽切りはしないでね。 栗のスツールの座面を軽く研いで・・・ 再び拭き漆をしました。 黒くなったので、木地のときとはだいぶ雰…

うちには関係ないけど

うちには関係ないことですが、栗の衣装箪笥にはちょっと細工を取り入れます。 まずは桐材を加工いたしまして・・・ そして先日接着した底の部分に取り付けます。 ・・・ はい、隠し収納スペース↓です。 引き出しを抜いたあとに底板をずらして開けるようにな…

なんだか枘を作るのが久しぶりな気がする

家の前の田んぼも稲刈りが終わり、あとは秋が深まるのを待つばかり。 うちの家庭菜園も、トマトやキュウリといった夏野菜が盛りを過ぎて、ゆっくりと秋ナスが実を大きくするばかりです。 そろそろ、キノコのことを考えないと、そわそわそわ・・・。 栗のスツ…

蟻桟を入れました

パソコン教室はようやくすべてが終わりました。 3講座の全45回(何回かは休んだけど)でしたので、だいぶ長い間、お世話になっていました。 さてさて、人並みに2次元CADを使えるようになったかな。 朝晩は涼しくなってきて、過ごしやすくなってきました。 こ…

涼しくなってきて、いい感じ

昨日の雨で秋の空気に入れ替わりました。 日差しが強い時間は汗もかきましたが、それでもだいぶ涼しくなって、とってもいい感じです。 栗のスツールの座面は引き続き固定されているため、その他の材料取りをします。 木材小屋から栗の杣を出してきて、チェー…