山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

雨が降らない(21白ネギ・21鍋ネギ)

♪なすなすなすなす、常な~す、あいあいあいあい、アイランドぉ~

雨が全く降りません。

昨日なんか、隣のムラの交差点の信号機まで夕立があったのに、こっちの村では降りませんでした。

おかげで、多くの野菜が生長しません。

ツルムラサキは伸びずに地上30㎝で止まっていますし、アスターは花を咲かせません。

冒頭の水分大好きなナスは実がならない(暑さのせいもある)し、実がなっても曲がってしまいます。

3週間前に定植したセンニチコウは活着していないので、頻繁に水をあげなければいけなったりと、天の恵みがないと手間もかかります。

でも、雑草さんだけはとっても元気、同じく暑さと極度の乾燥のために生長が止まってしまったネギの背を越して、雑草畑になっていました。
f:id:yamanoimokkoubou:20210802202256j:plain

昨日と今日で草刈りをしました(写真はまだ途中、奥が残っている)、ホントは昨日終わらせるはずだったんだけど、あまりの暑さで挫けました。

ミニ耕運機で除草したかった時にはびちゃびちゃの田んぼで入れず、雑草が生長したら晴れた日ばかりだったので、雑草の陰に生えているネギには悪いことをしました。

・・・今回の草刈りでも間違えて切ってしまったネギにはさらに悪いことをしました(なぜか草はなかなか切れないが、ネギはスパッと切れる)。

f:id:yamanoimokkoubou:20210802202310j:plain

「草刈り」ということで、刈払い機でネギの列の周りの草を刈っただけなので、刈った草が枯れたらミニ耕運機で畝間を耕して土寄せをします。

このとっても暑い中、昨日・今日の草刈りだけでも投げ出したくなりましたが、お盆期間中に今回の土寄せは完成させたいです。

夏ハクサイは上手くいくでしょうか

実験的に取り組んでいる夏ハクサイ(夏というか残暑というか)。

昨日、定植をしました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211759j:plain

もちろん、大暑の酷暑対策のため、日除けありの白黒マルチです。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211802j:plain

青虫も多いので、再びマラソンを散布しました。

明日にはチリチリに干乾びてしまっているかもしれないと不安でしたが、何とか今日の夕方まで持ちこたえていました。

これから天気が崩れるようなので、暑さに関しては不幸中の幸いかな。

 

<農薬使用履歴(通算)>

・21夏ハクサイ(圃場前作21エダマメ)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

7/11    マラソン         1000倍     散布    ( 5 )

7/25    マラソン      1000倍     散布    ( 5 )

守りたいものは何ですか(21トウモロコシ、21マクワウリ、21長ナス、21エダマメ)

昨日、猿が出てトウモロコシがやられました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211737j:plain

4連休の出荷よりも一回り大きな実が採れると期待していたのに…。

行儀よくすべてきれいに食べるとはよほど気に入ったのでしょうか。

サルは味を覚えるとまた来ます。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211749j:plain

2週間後の収穫を待つトウモロコシが気が気でなりません。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211756j:plain

とりあえず、トウモロコシのところだけ網を張りました。網in網。

畑には守りたいものがいっぱいです。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211809j:plain

忘れかけていました(実際忘れて採り遅れた実もあった)が、マクワウリも収穫となりました。

こっちも狙ってきそうですが、網もおじさんも余裕がありません。

獣だけではなくて、虫に対する備えも必要です。

2週間後に収穫予定のトウモロコシにはアワノメイガ他に対抗するため、トレボン乳剤を散布しました。

トウモロコシにはアルバリンを散布するか迷うところですが、よく知られているようにアルバリンはカメムシ類の耐性種が出やすいので、なるべくいろいろな薬を使うことを心がけます。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211726j:plain

カメムシが多くなってきたのでしょうか、実にかさぶたが多くなってきたので長ナスには4連休終わりにアルバリンを散布しました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211730j:plain

同じく、僅かだけあるエダマメにもアルバリンを散布。

守りたいものがたくさんある今の畑。

 

 <農薬使用履歴(通算)>

・21トウモロコシ(圃場前作20米)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/10  プレオフロアブル      1000倍     散布    ( 2 )

 7/25  トレボン乳剤     1000倍     散布    ( 2 )

 

 <農薬使用履歴(通算)>

・21エダマメ(圃場前作21春ダイコン)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/10    アルバリン        3000倍     散布    ( 2 )

 7/25    アルバリン     3000倍     散布    ( 2 )

 

・21長ナス(圃場前作20米)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/25    アルバリン         3000倍     散布    ( 2 )

 

<農薬使用履歴(通算)>

・21マクワウリ(圃場前作20米)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/10    アルバリン         3000倍     散布    ( 2 )

定植遅すぎた…(21センニチコウ、他花卉)

気がつけば、お盆休みまであと2週間余り。

一昨日にようやくセンニチコウの定植をしました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211652j:plain

白や紫のボンボンがかわいいです。

お盆のお供え花として出荷したいので、早いところ茎丈が伸びてもらわないと困ります。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211645j:plain

1ヶ月くらい定植が遅くなりましたが、挽回できるでしょうか。

他の花卉も順調(?)です。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211659j:plain

アスターにはつぼみが付き始めました。

病気になると困るので、畝間の草刈りもしました。

近日中にダコニールも散布したいです。

f:id:yamanoimokkoubou:20210726211703j:plain

ケイトウも穂が多くなってきて切り花向きに方向転換しています。

花は需要が極端なので、きちっと需要があるときに出荷できないとほとんど無価値になってしまいます。

・・・栽培って難しいね。

トウモロコシで朝が早い(+21エダマメ)

トウモロコシとエダマメはそんなに気合を入れて作っていたわけではありませんが、だいぶ生長し、この4連休で出荷となりました。

最近ではだいぶ知られるようになってきましたが、トウモロコシは早朝に一番糖度がのります。

そのため、パッケージデザインはこのよう↓になりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724203943j:plain

収穫日時を明記することで、お客様から信頼されるように出荷者としての責任を果たしたいと思います。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724203957j:plain

正直、この夏の栽培はそんなに量がないのでこの4連休と次の次の土日だけになりそうです。

そんなに量がないといえばエダマメもこの4連休のみの出荷となりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724204003j:plain

商品タグにも書きましたが、いろいろな理由から私は黒枝豆よりも緑の枝豆の方が好きです。

トウモロコシ同様、来年はもっと生産量を増やして7・8月の土日や長期休みに対応したいと考えています。

虫食いや粒の不揃いで出荷できなかったトウモロコシやエダマメは食卓に上ります。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724204050j:plain

寝不足の私の目にはトウモロコシのバイカラー(黄色・白の2色交じり)が昔の

ファミ〇ンの8ビットの世界に見えます。

 

<農薬使用履歴(通算)>

・21トウモロコシ(圃場前作20米)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/10  プレオフロアブル      1000倍     散布    ( 2 )

 

 <農薬使用履歴(通算)>

・21エダマメ(圃場前作21春ダイコン)

 日にち   農薬名      希釈倍率   使用方法  (回数制限) 

 7/10     アルバリン        3000倍     散布    ( 2 )

花とへび(21花卉)

この4連休は沖縄を除き天気がいいようで、当地もご多分に漏れず快晴の真夏日猛暑日です。

長らく晴れた日が続き、ジニアも茎が硬くなってきました。

また、節間も長くなり草丈も高くなってきたので、切り花(花束・供え花)での出荷を始めました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724203853j:plain

ジニアだけだと華やかすぎて変化に欠けるので、ケイトウも添えました。

でも、ケイトウはまだまだ小さいので、根元から切らねばならず、ちょっとかわいそうです。

切り花はいろいろな出荷者さんがそれぞれのタイミングで持ってくるので、いまいち「出荷どき」がつかめません。

・・・なかなか難しいです。

とはいえ、雑念ばかりのおじさんはフローラルな「花とゆめ」な世界はちょっとなじめません。

今日は曲がったナスもたくさん採れました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724203901j:plain

組み立てるとこんなん↓なりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210724203906j:plain

・・・キングコブラナス、・・・我ながら素晴らしいセンス。

こんなことしながら4連休を過ごしています。

う~ん、長ナスもなかなか売れ行きが厳しいのよ。

パッケージのシールを刷新しようか考え中です。

トウモロコシがそろそろ

トウモロコシがそろそろ収穫の時期ですが、まだ近所にサルがいるそうです。

ちょっと離れたところでは1日で60本のトウモロコシが被害に遭ったとのこと、クワバラクワバラ・・・。

あまり真剣に作ってなかったトウモロコシですが、それなりに育っているので、少しでも防御力を高めなければなりません。

f:id:yamanoimokkoubou:20210718200753j:plain

鳥よけもかねてテグスを張りました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210718200807j:plain

・・・どうか被害に遭わないでね。

トウモロコシの2番房はそのままにしていると1番房が大きくならないので、摘果します。

f:id:yamanoimokkoubou:20210718200841j:plain

そう、ヤングコーン(ベビーコーン)です。

嫁さんがせっせせっせと摘果して(嫁さんにさせた?)たくさんあるので、麻婆ナスにもたくさん入れたら、見た目では麻婆ヤングコーンになってしまいました。

ヤングコーンは「そんなに需要がないかな」と思っていましたが、あまりにもたくさんあるので、袋に詰めて道の駅に出してみました。

f:id:yamanoimokkoubou:20210718200848j:plain

↑あっという間に売れました。

・・・自宅用にたくさん湯がくんじゃなかった。

2000円分くらいの商機のあったヤングコーンを自家消費にして機会損失…。

気を取り直して、畑の話。

センニチコウを定植したかったのですが、雨で畑が準備できていませんでした。

堆肥を撒いてマルチを敷こうと思って、堆肥を買っていざ運搬車を動かそうと思ったらエンジンがかかりません。

燃料が上がっていかないのでこれはどうしようもなく、堆肥は一輪車で撒くことに。

f:id:yamanoimokkoubou:20210718200855j:plain

こちらも「思っていたのと違う…」、どんどん時間だけが過ぎていく。

いつになったらセンニチコウの定植はできるのだろう。