読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

相変わらず、木を片付けています

相変わらず、挽いた丸太の片付けです。

丸太を挽くとその残骸もたくさん出ます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221207j:plain

板の整理もまだ満足にできていませんが、片付ける都合上、こちらの方も捌いていかなければいけません。

中にはこのような大きな切り落としもあります。

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221328j:plain

皮の周辺なので、用材にはなりません。玉切りして割って薪にします。

・・・ブブブーーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221229j:plain

れいなカーブができました…、これは恥ずかしい…。

チェーンソーの目立てが悪いからこうなります。左右の刃の釣り合いが取れていないから曲がるのよね・・・。

肉厚なので、このままでは斧で割れないです。

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221224j:plain

こういう木は縦挽きの割目を入れてあげます。

2t車1台分くらいの「割らなければいけない山」ができました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221352j:plain

これからももっと増えそうです。

メタセコイアの板もきれいに乾かすべく、積み替えを始めました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170325221546j:plain

ウルトラまな板がたくさんです(メタセコイアがまな板に適するかわからないけど)。

無節の板のインフレ状態です。毎回、買った丸太がこんなんだったらいいのになぁ~。