読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

朴の器を加工しています

昨日から小作りに入りましたが、今日は縁を加工します。

当然ながら、豆鉋では加工できないので、彫刻刀などを使っていきます。

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222732j:plain

↑もっと良い刃物が欲しいです…、もっと多くの刃物が欲しいです…。

まあ、製造業の性ですね。

とりあえずbefore↓

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222738j:plain

今回は朴の木なので、彫刻刀での加工も容易です。

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222744j:plain

欅(けやき)などの硬い木ではそうはいきません。よく失敗して刃物が欠けます。

ところで、このような丸い形は滑って、滑って持ちづらい・・・。

↓after、ちょっとわかりづらいですね。

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222811j:plain

引き続いて、裏側の加工。こちらは豆鉋も使います。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222829j:plain

f:id:yamanoimokkoubou:20161017222824j:plain

・・・ということで、ひとまず終わりました。

う~ん、少し重いかな?でも、形が丸くて、胎が木だし少し重いくらいがいいかな?

数日おいて、もう一度冷静な目で見てから考えましょう。