読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

秋も深まって、朝晩は寒くなってきました

昨日のことですが、朝は気温が一桁まで下がっていました。

朝晩は工房も寒くなって、手を動かしていないと凍えそうです。

そんな中、今日は村の秋祭りでした。

今年はうちの近所が当番なので、神輿を曳いて(なんでも約半世紀前から車をつけたそうで)約10kmの道を歩きました。

青空の下、秋の田の刈穂の中を歩くのは、とても気持ちが良かったです。

 

え~と、朴の器のほうですね。

こちらは荒彫りが終わりました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20161016224138j:plain

高台を作りましたが、まだ、野暮ったいですね。高台の線が太いかな・・・。

とりあえず、内側の小作りに入りましょう。

f:id:yamanoimokkoubou:20161016224142j:plain

中心に続く線が長く、主張が強すぎるので、これを整えながらの小作りです。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161016224157j:plain

かえすがえす、朴は切削がやりやすいですね。加工も早いです。

f:id:yamanoimokkoubou:20161016224159j:plain

だいぶ、整って見えるようになったような気がします。まあ、漆を塗ると見え方が全く変わってしまうのですがね・・・。