山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

でこぼこでこぼこ

杉の箱の組み手は凸凹のたくさんある「あられ組み」にしました。

まあ、機械で刻んでいくので、難しいと言うよりかはルーティーン作業の繰り返しですが・・・。

・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170720205325j:plain

↑こんな感じになりました。とても「ギザギザ」しています。

やっぱり、暑い日には枘挽きだな。ずっと扇風機の強い風に当たっているような感じで涼しい…。

そして、糸鋸で手がかりを切ります。

・・・カタカタカタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170720205426j:plain

う~ん、これだけでもおもしろい感じになっています。

内側には仕上げ鉋をかけて・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170720205428j:plain

サンドペーパーで磨きます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170720205422j:plain

でもやっぱり、針葉樹の鉋がけは難儀ですね。

外側は諦めて、サンダー仕事にしてしまいましょうかね。戦う前から逃げています…。

広告を非表示にする

杉の箱

鑿痕角小盆の朱漆の拭き漆をします。

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212803j:plain

なんだか、ウニの箱にイクラが入っているみたいですね。

・・・フキフキフキ・・・

拭くとこんな感じになりました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212811j:plain

朱は赤口でしたが、黄口の方がよかったかな。

まあ、日が経つと、もう少し発色がよくなるでしょう。

次は杉の小箱を作ってみます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212832j:plain

先日、桐箱を作りましたが、「化粧箱」は桐で作るのは当然として、「箱」自体を楽しむのは杉の方が良いような気がしていました。

もちろん、すばらしい桐材を使った桐箱はそれだけで装飾性も抜きん出ていると思いますが、今回はあくまで「数モノ」の「商品」を考えています。

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212825j:plain

いろいろな大きさを作ってみて、比較しながら作ってみましょう。

広告を非表示にする

久しぶりの漆の記事です

今日の午前中は「川刈り」でした。

炎天下の中、草刈機を持ったまま河原で干からびそうでした。

果たして、あと十年くらい経って若いもんがいなくなったら、このムラの景観は維持できるのでしょうか。

 

長いお昼休み後、久しぶりに漆の作業をしました。

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170716212259j:plain

・・・フキフキフキ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170716212308j:plain

スツールと鑿痕角小盆の拭き漆です。

・・・ペタペタペタ、フキフキフキ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170716212326j:plain

漆部屋ではストーブをつけなくとも、手を動かす人間は暑さで塩をふりかけたナメクジのようになってしまいます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170716212419j:plain

これでどちらも半分くらい、もう半分は拭き漆ではなくて木地の色がわかる仕上げにします。

鑿痕角小盆のいくつかは「朱」色にしようと思いましたが、今日は拭き漆をするところまでいきませんでした。

f:id:yamanoimokkoubou:20170716212412j:plain

明日、朝からできるようにとりあえず漆と朱を混ぜるところまでしておきました。

こちらもペーパーがけ

昨日のスツールのサンドペーパーがけに続いて、鑿痕角小盆も磨きます。

まずは高台の底から、ここは唯一の平面なのでサンダーで・・・ブウィーーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170715211942j:plain

ここからは違いがほとんど感じられないけど、地味にペーパーを当てていきます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170715211958j:plain

毛羽立ちを取り、鑿痕を潰さない程度にかる~く当てます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212538j:plain

私は「美術品」を作りたいわけじゃないんだよね(まあ、日用品としてよく売れるわけでもないけど…)。

使うにあたって毛羽立ちやささくれがあったら困りますから。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212524j:plain

そして、ようやく木地仕事が完成しました。

最近はまかせっきりです

最近、家庭菜園の記事が書けていないのは、お世話を妻にまかせっきりにして、私自身が畑に行っていないためです。

家の隣にあるんだけどね。

なんだか足が遠のいていたんですよ・・・。

食卓には勝手(妻に失礼)に夏野菜があがってくるし。

・・・ということで、久しぶりに家庭菜園をしっかりと見に行きました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212004j:plain

おっと、オクラには支柱が立っていました。

うちの野菜は生長がいつも遅いのですが、このオクラは極めて遅い…。 

ツルムラサキもいます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212321j:plain

雑草がきれいに除去されて、ツルムラサキと判別できる・・・。

次は支柱を立てておいてね、・・・立てておいてください。

遅く植えたキュウリも生長を始めました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212102j:plain 

 立てぇ~、立つんだキュウリぃ~。支柱をしっかりとのぼっていってください。

 サツマイモも生長が悪いようです。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212058j:plain

前回、草引きをした時に、サツマイモは生長が早いからもう雑草の心配はしなくていいだろうと思っていたのですが、やっぱり草に負けそう・・・。

ここからは癒しの花特集。

一枚目はインゲンの花。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212053j:plain

葉に比べて、小さくかわいらしい白い花。

次は落花生。

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212346j:plain

こちらは黄色くて元気が良さそうな花。

実はこちらも花↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170715212526j:plain

はい、イチジクです。

うちの白イチジクはこの時期に少しと9月下旬に本格的に実(花)を付けます。

これが今年の初物です。

今度は粉だらけ

とんでもなく暑くなって、作業場にいるだけで辛い時期となりましたが、製造業はそんなものですね。

角小盆の鑿痕付けはついに高台までいきました。

・・・トントントン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212554j:plain

機械化された時代ではフラットな面よりも「手作り感」の方がたいへんです。まあ、モノによりけりでしょうが・・・。

面取りもサンドペーパだけでとるとなんだか丸くなりすぎるかなと思い、小刀で「ザクザク」取ってみます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212605j:plain

そういえば、小刀は木工の基本ですね。

あんまり使うことはないですが、たまにはいいものです。

・・・

そしてようやく、鑿痕角小盆の「刃物しごと」が終わりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212618j:plain

思ったよりも(とっても)時間がかかってしまった…。

こんな私は、今話題の「自己裁量型の勤務時間」になったら帰れる人間でしょうか。

・・・まあ、いいや。

一方で、スツールはサンダーがけ。

・・・ブウィーーーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212732j:plain

体毛がどんどん粉で白くなっていきます。

柱も、・・・ブウィ――ーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212731j:plain

そして、サンダーではできないところは手で磨きます(これは面取り部ね↓)。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212815j:plain

・・・シャカシャカシャカ・・・

昨日今日で、ここまででした。

やっぱりあんまり進んだ感じがしませんね…、う~ん…。

広告を非表示にする

・・・コンコンコン・・・

当地では滅多にないのですが、今日は熱風を感じました。

とんでもなく暑く、そのために辛い一日でした。

・・・鑿痕小角盆を進めます。・・・コンコンコン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170711212316j:plain

接写過ぎて、なんだかよくわからない写真ですが、側(がわ)の長手(ながて)、つまり木端(こば)に鑿痕をつけています。

まだ、木端は加工しやすいです。

f:id:yamanoimokkoubou:20170711212327j:plain

↑だんだんと雰囲気が出てきました。

今度は妻手(つまて)、すなわち木口(こぐち)に鑿痕をつけます。

・・・コンコンコン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170711212333j:plain

朴は「いい感じ」で鑿が入ります。

問題は欅、・・・コンコンコン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170711212410j:plain

・・・こりゃ、硬い。手が痛い…。

できたものを積んだら「タワー」になりました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170711212447j:plain

おっ、なんだか新しい境地が開けそうです。

これから塗装をすると、なおのことこの「タワー」は良くなるのではないでしょうか。