山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

昨日は写真撮影をしました

昨日はよく晴れて暖かくなったので、ネット販売にあげる作品(といっても2点だけ)の写真撮影をしました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200405205845j:plain

国道脇の満開の桜の借景で、インスタ映えです(インスタやってないけどね)。

ネット販売にあげたのは「いろどりチェスト」と「編み座楽立ちスツール」です。

作品はこちらから↓

iichi     https://www.iichi.com/shop/yamanoimokkoubou

Creema   https://www.creema.jp/c/yamanoimokkoubou/item/onsale

もしくは『iichi』『Creema』のサイトから「山乃井木工房」で検索してください。

薪割りもしていますが、次の作品制作も進めています。

f:id:yamanoimokkoubou:20200405205757j:plain

「居酒屋スツール」(という名前に今のところはしておこう)は材料の寸法を決めだしました。

もちろん、いろどりチェストの組み立ても1つ1つしています。

f:id:yamanoimokkoubou:20200405211122j:plain

今日から気温が下がってしまって、接着剤が粘ります。

また、固定時間も伸びて4日くらい固定しておいた方が良さそうな。

閑話休題、嫁さんがワラビ採りをしていました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200405205746j:plain

まだ出始めなので小さいですが、春盛りのほろ苦い素朴な野の味を楽しみました。

暖かい一週間でした

この一週間は暖かい一週間でした。

週の半分くらいは20℃くらいまで上がり、最高気温の平均も18℃くらいでした。

最低気温は朝夕が冷え込んだために、霜が降りることもあり、4℃といったところでしょうか。

ただ、今日は寒く時雨れて、日中も12℃に届いていないのではないでしょうか。

浸水した19黄色・19黒の発生は思わしくなく、あんまり出ていません…。

いろいろありますが、上を向いて歩きましょう↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200405205753j:plain

もとい、上を向いて伸びましょう。

きのこは重力と反対方向に延びる性質があります(日のさす方じゃないよ)。

きのこの柄に努力の跡が見られます。

桜が満開となりました

桜が満開となりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214709j:plain

咲き始めてから4・5日でのあっという間の満開でした。

そしてボケの花もきれいに咲きそろいました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214700j:plain

小さな木ですが年々ちょっとずつ花が多くなっているような気がします。

自然は春の動きを一層、加速させています。

一方、人間は一層、慌ただしくなっています。・・・早く収束しないでしょうか。

引き出しをオスモオイルで塗装しました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214723j:plain

いつものことながら、箱の隅を塗って拭きとるのは手間がかかります。

開き戸もオスモオイルで塗装をして・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214816j:plain

組み立てです↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214842j:plain

そして、引き出し・開き戸ともに取っ手を付けます。

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214850j:plain

思ったよりもだいぶ「かわいい」路線に入線してしまいました。

そして、私の大っ嫌いな金具付けをしたら、完成です↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200403214927j:plain

明日、天気が良かったらネット販売用の写真を撮りたいな。

そろそろ次の制作も

関係ない話題。最近、クッキーを食べることにはまっています。

クッキーを口に含んで噛み砕いた時のクラッシュノイズがなんだか心地よくて、次々と手に取ってしまいます。

そんなおっさんの年度末、今日の日中まで晴れていましたが、夕方には雨が降ってきました。

いろどりチェストは引き出しの目違い取りとサンダーがけがまだでしたので、やっぱり粉だらけになって行いました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212521j:plain

・・・ブウィーーーン・・・

なんだか、ミニサンダーさんの調子が悪くなってきました。

板の上で暴れて斜行します、でも騎乗停止にはしません。

切削力が上がって作業は早くなりますが、細かいところをサンダー掛けするのが苦手になりました。

そろそろ、先は長くないかなぁ。

晴れたので薪割りもいいですが、次の制作に取り掛かるために材料を出してチェーンソーで玉切りです。

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212539j:plain

こんな感じの角材を4本ほど出してきました。

材料によっては芯を持っていたり、アテが強かったりでチェーンソーを持つ手に伝わる抵抗でもそのさまがうかがい知れます。

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212532j:plain

↑こんな材料はチェーンソーも暴れますし、この後のバンドソーによる小割でも切削抵抗が大きいのです。

次に作るのは「飲み屋のスツールをおしゃれにしたもの」。

バンドソーでただひたすらに小割にしていきます。

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212655j:plain

ただひたすらに・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212618j:plain

なんだか、工事現場の杭に見えてきました。

木材小屋にあった寸足らずの木っ端(といっても長さが60㎝くらい)も材料にと思って割ったら随分な量なりました。

ひと通り割り終わったら、再びチェストに戻って引き出しなどの塗装をと思いましたが、まずはネジ隠しから塗装をしましょう。

f:id:yamanoimokkoubou:20200331212645j:plain

チ〇ルチョコがたくさん・・・。

小さな部材なので、なかなか進みません。

今日の夜までで半分までしか終わりませんでした。

このくしゃみは違います

ここ3日ほどは雨の日ばかりで、薪割りができません。

なので、木工制作が進んでいる・・・はずです。

扉の框は仕口などの加工が終わり、木地の仕上げのサンダー掛けです。

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210306j:plain

コロナではなくてコナ(粉)だらけです。

そして、そのコナの影響でくしゃみがよく出ます。

・・・安心してください、これは健全なくしゃみです。

扉の鏡板はちょっと工夫しましょう↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210341j:plain

矧ぎ合せを斜めにしました。

これを嵌め殺しの寸法に合わせて切ります。

う~ん、写真や文章では伝わらないですが、普通に縦に矧ぎ合せたときよりも木っ端として無駄になる部分が多く出てしまいます。

ひと工夫は手間ばかりでなく材料もかかりますが、意匠上必要なときも多分にあるでしょう。

寸法が決まったら、こちらもサンダー掛け。

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210405j:plain

再び、健全なくしゃみを連発しながら掛け終わり、扉の木地も出来上がりました。

漆部屋では2棹目のチェストを組み立てました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210414j:plain

ところで、あといくつかこのチェストを組み立てなければいけないのですが、置いておく場所がないような・・・。

品質を向上させたい

だんだんと春を感じる日が多くなってきました。

最高気温は週前半は平年並み以上でしたが、週後半は平年並みとなり、平均すると16℃くらいでした。

最低気温は平均すると3℃くらいでしたが、霜が降りた日もあり、変動が大きい一週間でした。

降水量は多く一日中雨の日が2日ほどあり、一方で、極端に晴れた日もあり、こちらも一週間の中で目まぐるしく変わりました。。

気温のあがった日にはシイタケは良く生長します。

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210239j:plain

ちょっと傘が開き気味ですが、屋根のある所で生長させているので、雨が多くなっても品質が安定しました(生ではちょっと天白気味かな)。

キノコを発生させるだけなら誰にでもできることですが、より良い品質を生まなければ木工制作同様、意味がありません。

当たり前のことですが、品質向上のために勉強の毎日です。

そしてこちら↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200329210256j:plain

これからは害虫も多くなる季節なので、農業用の捕虫器を買いました(2万円くらい)。

効果を試し、異物混入を避けれるよう工夫するのが苦労でもあり、ある種の楽しみでもあります。

ものづくりができることに感謝しかない

世界が目まぐるしく変化する中で、ものが作れていることに感謝するしかありません。

私の作業環境は、郵便屋さんと散歩する1人・2人が通る以外はほとんど人が通らない道のそばのたった一人の作業場。

「3つの密」なんてまるで関係ない環境です。

なので、販売活動はいざ知らず、生産力が落ちるはずもないはず。

とりあえずは目の前にある「仕事らしいもの」に励むのが道理というわけで、今週もしあわせを感じながら制作をしましょう。

取っ手は接着をしてようやく出来上がり↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200326211837j:plain

大体、イメージ通りだったかな。

引出しや扉と組み合わせると雰囲気がぐっと出る・・・といいなぁ。

扉の鏡板の材料も寸法を決め始めました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200326211855j:plain

いつものように小さな本実矧ぎで矧ぎ合せるために機械でサックと加工しました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200326211903j:plain

扉の框も溝を突くなど、細かな作業を進めまして、だいぶ終盤。

一方で、ようやく気温も上がってきたので、本体の接着・組み立てをしました。

f:id:yamanoimokkoubou:20200326211945j:plain

場所と道具の関係から1棹ずつの組み立てです。

晴れた昨日・今日は商品用の薪割りも始めました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200326211955j:plain

この薪割り機、自分とこの作業場の薪割りしかしていなかったから、ようやく購入コスト分の元を取っている感じです。

そして、昨日・今日の半日ちょっとずつでできたのがこの量↓

f:id:yamanoimokkoubou:20200326212013j:plain

全体の2割弱かな。まだまだ道のりは長そうです。