読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

いつも同じような写真ばかりで、すみません・・・

今日も一輪挿しの制作です。

まずはキハダのほうから・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224108j:plain

小鉋で削って形を作ります。

・・・シャッ、シャッ、シャッ・・・

キハダはわりかし柔らかくて切削もやりやすいです。

・・・シャッ、シャッ、シャッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224220j:plain

数もそんなにないことですし、思ったより時間はかかりませんでした。

鉋屑はこんな感じ↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224123j:plain

続いて、もともとある平面の仕上げ鉋。

・・・シャッ、シャッ、シャッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224113j:plain

ちょっと鉋刃の調節が悪いですね…。

でも、ごまかしながらやってしまいました。

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224245j:plain

ここで一旦ウォールナットの一輪挿しに戻ります。

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224251j:plain

2回目の捨て摺りが終わったので、再び研ぎます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224244j:plain

まあ、軽くですが・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224236j:plain

そのあとはキハダのほうの仕上げのサンドペーパー

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224250j:plain

 と思ったら、やり始めたところで時間になってしまいました。

ところで、工房の薪ストーブですが↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160406224050j:plain

穴が開いて変なところから煙が・・・モクモクモク・・・

やっぱりトタンのペラペラ薪ストーブは2年しか持たないようです。