読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

寒くなって、漆部屋が恋しい・・・

屋外では長袖でも寒い気温となってきました。

こうなると、木工をやるために工房にいるよりも、漆をするために漆部屋にいるほうが居心地がよくなってきます。

工房、寒いのよね…。

・・・ということで、こちら漆部屋。今日も糊漆を作るところからです。

f:id:yamanoimokkoubou:20161102222530j:plain

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161102222514j:plain

今日の糊漆は「ふわふわ度」が少ないなぁ~。・・・前回のほうがおいしそうだった。

木端(といっても桐の合板だから木口・木端はありませんが、便宜上…)は和紙で補強することにします。

f:id:yamanoimokkoubou:20161102222527j:plain

・・・ペタペタペタ・・・

和紙では気休めにしかならないかもしれませんが、なんとなく作っている側の気持ちの問題です。

f:id:yamanoimokkoubou:20161102222617j:plain

和紙は可変性が高いので、複雑な形に対応できます。

一方で、朴の器は内側の蒔地、・・・サラサラサラ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161102222615j:plain

おいしそうな朴の器は今回で見納めです。