読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

そろそろ飽きたなぁ~

桐の小箱はサビ付けです。

制作でそんなことを言ってはいけないのですが、最近作ってばかりでちょっと飽きてきたサビです。

まずは砥の粉をだして・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160129230513j:plain

水と生漆を混ぜます。砥の粉のダマがなくなるように丹念につぶします。

・・・ペッタラペッタラペッタラ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160129230458j:plain

腕がしんどくなってきたところで、ようやく完成です(ほんとはもっとやったほうがいいんですけど…)。

f:id:yamanoimokkoubou:20160129230509j:plain

サビは作るのに体力がいるなぁ~。

ところで、何でサビが体に付くとひどくかぶれるんだろう?生漆のほうがまだまし・・・。

小箱にサビを付けていきます。

f:id:yamanoimokkoubou:20160129230512j:plain

いつの間にかプラベラがすり減って角度が変わってる…、付けづらい…。

さらには研ぎで面取りをしすぎて「キワ」にサビがのりにくい。

・・・今日は1度しかサビ付けができませんでした。

f:id:yamanoimokkoubou:20160129230520j:plain