読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

今日はあいにくの雨となりました

今日は朝から「しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん」。

そして、気温も昨日までとは一転して下がってきました。

でも、早く生木の板を片付けたい。木が喜ぶように整理したい・・・。

ということで、小雨が降る中、強行しました。

あまり雨に濡れたくないので、つばの大きな麦わら帽子をかぶって作業します。

まずは、昨日までに皮をはいだ板を所定の場所にきれいに積みなおしていきます。

・・・ゴソゴソゴソゴソゴソ・・・

・・・手が冷たい、服がびしょびしょ。

国道からはきっと「冷たい雨の中で板と遊ぶ麦わら帽子の変なおじさん」と思われているでしょう。

f:id:yamanoimokkoubou:20160309214807j:plain

ようやく、きれいに片付けられました。

さあ、残りの板の山も・・・、と思ったけど、もう限界でした。

結局、わずか2時間で挫折しました。

何よりも「手袋が濡れて力が出ない」。手がかじかんで、さらには滑ってうまく板が持てません。

 

あきらめが肝心と早速、足取りも軽く母屋に帰って着替えて、ストーブにあたって、大好きなチョコパ〇を食べて・・・。

・・・おっと、行き過ぎた。

 

予定が変わってしまったので、工房に戻って、桐と神代杉のピースをひたすらに作りました。

f:id:yamanoimokkoubou:20160309214715j:plain

そして、一ヶ月ぶりだか忘れてしまいましたが、ウォールナットのフォトフレームの続き。

接着による目違い(めちがい:段差のこと)を鉋でとりました。

・・・シュッ、シュッ、シュッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160309214718j:plain