読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

小箱は切子地の研ぎです

切子地がしっかりと乾いたので、今日は砥石で研ぎます。

切子地はおりるのが早いので、チャッチャと進めます。

・・・ジャカジャカジャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160128223517j:plain

稜線はその形に注意して研ぎます。

・・・ジャカジャカジャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160128223535j:plain

タオルが真っ黒になりました。研いででた砥の粉の水で「でろでろ」です。

丸洗いをして、きれいにしました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160128223547j:plain

水分が乾いたら、次は地固めの拭き漆です。

薄めた生漆を塗って、・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160128223659j:plain

この刷毛は地ばかり塗っているのでだいぶ毛先が短くなってきました。

拭きます、・・・ゴシゴシゴシ・・・

桟木がないので重ねてしまいました。まあ、このあとサビ付けですしこれぐらいの待遇でも良いでしょう。

f:id:yamanoimokkoubou:20160128223658j:plain