山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

春ダイコンの播種を始めました

10日ほど遅くなってしまいましたが、今日から春ダイコンの播種を始めました。

冬蒔きの春ダイコン品種なので、遅くなってしまった感が否めません。

f:id:yamanoimokkoubou:20220303193208j:plain

ダイコンの種まきも土が乾いていないとやりづらいのです。

午前中は早朝の霜の影響で濡れているので、お昼ごろに取り掛かりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20220303193211j:plain

前回書いたようにタンクを買ったので、水遣りもだいぶ時間短縮になっています。

水も遣ったし、タンクの残り水を片付けようと運搬車の荷台を傾け・・・しかし、ここで悲劇。

f:id:yamanoimokkoubou:20220303193215j:plain

・・・あっ。

f:id:yamanoimokkoubou:20220303193225j:plain

白糸の滝のドレインコックが地面にぶち当たり、折れました。

・・・あまりにもアホい、アホすぎる…。

この浅はかさを称え、その愚かさを後世に残すべくここにブログに刻す。

思えば、このドレインコックが哀れ過ぎる。

冬にタンクなんか買う人間はいないだろうから、おそらくこのコックも半年以上、コ〇リの陳列棚で行き交う客を眺めていたことでしょう。

そこに青い作業服のおっさんが現れて、ようやく買われたはいいものの、使うなりすぐに「水量が少なくて使えねぇ」なんて言われてさ。

働き始めたかと思うのも束の間、わずか20リットルくらいの水を通したところで、地面に突き刺さり、早くも昇天って…。

ドレインコックさん、成仏してください。化けて出ないでください。

・・・話題は戻って、春ダイコン。

今日は嫁さんがいないので、1人でトンネルづくりです。

f:id:yamanoimokkoubou:20220303193229j:plain

1人でやるとどうしてもゆるくなってしまい、風に対する抵抗が心もとないですが、夕方までにはトンネルもできました。

春ダイコンはこれから2週間ごとに畝2本ずつを播種していきます。