山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

おしゃれ鉋屑

いろいろな樹種の仕上げ鉋をかけていたら、なんともおしゃれな鉋屑↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170916210326j:plain

何か利用価値がありそうですが、やっぱりないでしょう・・・。

糸巻の中心には棒を通すための穴が開いていますが、さすがに相欠きのまん中に大きな穴をあけるとスツールとしての強度がどうかと思います。

そこで、埋木(うめき)でイミテーション

f:id:yamanoimokkoubou:20170916210316j:plain

彫って埋めてあるから「木象嵌」と言わなくもないでしょうが、このような「些細なこと」でそのような言葉を使うのもおこがましいので、「埋木」。

まあ、相欠きを組んでから隠し釘(もちろんネジ)を入れてもいいでしょうが、そのままでも強度的に支障がないのでネジは入れません。

脚の外側は丸く面取りをします。

f:id:yamanoimokkoubou:20170916210506j:plain

R=40のボーズ面ルータービットがあったら早いのでしょうが、残念ながらそのようなものはないので、手でしました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170916210412j:plain

道具があったら1時間くらいの仕事なのに、半日もかかってしまいました。

もちろん、価格に転嫁できるわけではないので、やっぱり仕事は道具も大切ですね。

広告を非表示にする