山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

杉の箱

鑿痕角小盆の朱漆の拭き漆をします。

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212803j:plain

なんだか、ウニの箱にイクラが入っているみたいですね。

・・・フキフキフキ・・・

拭くとこんな感じになりました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212811j:plain

朱は赤口でしたが、黄口の方がよかったかな。

まあ、日が経つと、もう少し発色がよくなるでしょう。

次は杉の小箱を作ってみます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212832j:plain

先日、桐箱を作りましたが、「化粧箱」は桐で作るのは当然として、「箱」自体を楽しむのは杉の方が良いような気がしていました。

もちろん、すばらしい桐材を使った桐箱はそれだけで装飾性も抜きん出ていると思いますが、今回はあくまで「数モノ」の「商品」を考えています。

f:id:yamanoimokkoubou:20170718212825j:plain

いろいろな大きさを作ってみて、比較しながら作ってみましょう。

広告を非表示にする