山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

今度は粉だらけ

とんでもなく暑くなって、作業場にいるだけで辛い時期となりましたが、製造業はそんなものですね。

角小盆の鑿痕付けはついに高台までいきました。

・・・トントントン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212554j:plain

機械化された時代ではフラットな面よりも「手作り感」の方がたいへんです。まあ、モノによりけりでしょうが・・・。

面取りもサンドペーパだけでとるとなんだか丸くなりすぎるかなと思い、小刀で「ザクザク」取ってみます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212605j:plain

そういえば、小刀は木工の基本ですね。

あんまり使うことはないですが、たまにはいいものです。

・・・

そしてようやく、鑿痕角小盆の「刃物しごと」が終わりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212618j:plain

思ったよりも(とっても)時間がかかってしまった…。

こんな私は、今話題の「自己裁量型の勤務時間」になったら帰れる人間でしょうか。

・・・まあ、いいや。

一方で、スツールはサンダーがけ。

・・・ブウィーーーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212732j:plain

体毛がどんどん粉で白くなっていきます。

柱も、・・・ブウィ――ーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212731j:plain

そして、サンダーではできないところは手で磨きます(これは面取り部ね↓)。

f:id:yamanoimokkoubou:20170713212815j:plain

・・・シャカシャカシャカ・・・

昨日今日で、ここまででした。

やっぱりあんまり進んだ感じがしませんね…、う~ん…。

広告を非表示にする