山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

大切な苗

先日、お隣のおじいさんとお話していたら、「そんなに苗の覆いが高いと苗が煮えてしまう」とアドバイスいただきました。

苗の覆いは「保温」の効果が大きいので、背が高いとその分、中の温度が上がりすぎてしまうそうな…。

f:id:yamanoimokkoubou:20170528214207j:plain

助言いただいたように、高さを半分にしました。大切な苗です。

カボチャは葉っぱが穴あきだらけになってきました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170528214234j:plain

晴れて暑い日が続いているので、アブラムシの仕業でしょう。

薬を撒いてもいいですが、カボチャは活着すると病害よりも生長が上回るので、とりあえずはこのまま。

薬といえば、漆の木には薬を撒きました。

・・・シャーーーー・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170528214321j:plain

毎年、毛虫の害がひどいのです。

そして、アブラムシでしょうか、それとも炭そ病でしょうか、幼い葉っぱがちりちりになるのです。

野生の漆はとても強いですが、園芸種はどうも軟弱なようです。

そんな漆の木ですが、花芽(かな?)が付いてきました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170528214327j:plain

植栽5年目でようやくです。

ただ残念ながら、生長の良い木だけで、花芽が付いているのは2本だけです。

先述の「葉っぱちりちり」のせいで、ほとんど生長しない個体も見られます。

 

孟宗竹の筍の勢いがだんだんとなくなり、ほっとしたのもつかの間。

f:id:yamanoimokkoubou:20170528214223j:plain

今度は破竹の筍が顔を出しました。

孟宗よりもおいしいらしいのですが、やっぱり邪魔者。

今日も筍を蹴り飛ばしました。

広告を非表示にする