山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

はたけ補完計画

(家庭菜園のカテゴリーの投稿も久しぶりです)

度重なる獣の「襲来」によって、壊滅状態のわが家庭菜園↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170409185823j:plain

サツマイモをはじめ多くの作物が彼らの血となり肉となりました。

このままでは餌付けしているようなものなので、畑の守りをより強固のすべく動き出します。

というか、もういい加減動き出さないと春夏野菜に間に合わない…(もうジャガイモは手遅れ)。

・・・まずは雪の襲来のためにシステムオールレッドで沈黙してしまったトマトハウスの撤去。

f:id:yamanoimokkoubou:20170409185835j:plain

家庭菜園に限らず、片付けは気が進まない…。

今日の日中は晴れるって言っていたのに時おり小雨まじりの冷たい風が吹きつけるし…。

f:id:yamanoimokkoubou:20170409185850j:plain

・・・撤去完了。

曲がってしまって使い物にならない骨は、これから作る畑の「囲い」の支柱にします。

f:id:yamanoimokkoubou:20170409190155j:plain

このように曲がっているものは側溝の蓋で矯めます。

畑の周りの網も一旦撤去。

f:id:yamanoimokkoubou:20170409185855j:plain

網を取っ払うと広く見えます。

そして、ワイヤーメッシュを張るところに浅い溝をほります。

f:id:yamanoimokkoubou:20170409190219j:plain

これが地道な作業。

でも、草もなくて雨で土が柔らかくなっていたので、思ったよりもしんどくなくてよかった。

・・・今日はここまで。

広告を非表示にする