山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

毎日、筋肉痛

重い生木を毎日運んでいるため、筋肉痛がずーっと続いています。

ちなみに、家の前では道路の舗装工事がありまして、写真にもパイロン(三角コーン)が写り込んでいます。

苦労のかいあって、ようやくメタセコイア・欅・桧が桟積みできました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170329190233j:plain

ゆったりとして、木も気持ち良さそうです。

f:id:yamanoimokkoubou:20170329190228j:plain

しかし、まぁ、欅は今回の失敗だったなぁ。

朽ち始めていて、光沢と粘りがほとんどありません。「もろもろ」になっている部分も随所に見られました。

あまりにも残念だったので、写真も撮る気にもなれなかった…(幅が広い板は工夫して使いましょう)。

メタセコイアと併せて、イーブンといったところでしょうか。

板だったら欠点は目に見えてわかりやすいですが、丸太で買うのはこんな感じですね。

 

家の裏の杉の木も薪用に玉切りして、少しずつ持ってきました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170329190242j:plain

あと、3倍くらいあるでしょうか。

おや・・・、丸太って写真で見るとかわいいですね。

広告を非表示にする