読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

さて、欅の棚に取り掛かりましょう

見ていて、すがすがしい欅(けやき)↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170206223746j:plain

でも、このサイズでこの幅、この厚みじゃあ、俎板にしか見えない・・・、良い俎板だなぁ~(環孔材はいまいち俎板向きじゃないか)。

棚板と側板は送り蟻で仕口(しぐち)を作ります。

送り蟻は図面を描かないと上手くできないよ~。

f:id:yamanoimokkoubou:20170206223757j:plain

図面どおりに罫書(けがき)、良い板に罫書をするときの第一刀の罪悪感…。

f:id:yamanoimokkoubou:20170206223907j:plain

とりあえず、トリマーで荒取り、・・・ウィーーーーン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170206223913j:plain

その後は手加工です、・・・コンコンコン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170206224013j:plain

木目の詰まった広葉樹の板は手加工もやりやすいのです。

このような鑿(のみ)の仕事はやっていて楽しいものです。・・・コンコンコン・・・

毎日ではないですが、時おり瓦型の皿の漆の作業もやっています。

f:id:yamanoimokkoubou:20170206223607j:plain

こちらの写真は変わり栄えしないのでこれだけでいいですね。