山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

根来塗りになるよ

花形盛器は根来塗りにします。ここまでそのつもりできました。

ということで、朱漆を研ぎます(やさしい刷毛目が表情を作る「塗り立て」もいいけどね)。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170125222112j:plain

私はいつも研ぎすぎる…。

今回はこんな感じ↓

f:id:yamanoimokkoubou:20170125222154j:plain

まだ、研いだばかりなので、黒と朱が「馴染ん」でいません。まだ、漆の良さが出ていませんね。

ここからは、呂色の工程。

まずは、朱を固めるためにも拭き漆。

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170125222138j:plain

・・・フキフキフキ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170125222146j:plain

ちょっと馴染んだ?

広告を非表示にする