読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

明るい色ばかりで目が痛い

先日の大雪ではひどい目に会いました。

毎日、銀世界を見ているため、目がとても疲れて、痛い。

車はアンダーカバーが外れて壊れそうになるし、ゆずの木は半分くらい折れてしまったし、去年作ったトマトハウスもぺしゃんこになっていました。

だいぶ溶けましたが、今日でもまだ、田んぼなどでは20cmくらい積もっているのではないでしょうか。

もう降りませんように・・・。

 

ブログを更新していない間に、花形盛器と瓦型皿は黒漆を2回塗りました(・・・ペタペタペタ・・・)。

今日はいよいよ朱漆を塗ります。

まずはクリスタルで表面を整えます・・・シャカシャカシャカ・・・。

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212000j:plain

ここまで、たくさんの工程を重ねてきましたが、表に見えるのはほんの終わりの作業だけなんですよね・・・。

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212033j:plain

朱漆を作ります。久しぶりだな。ちなみに私は赤口が好みです。

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212009j:plain

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212023j:plain

朱も明るくてやっぱり目が痛い。

黒に鮮やかな朱はとても映えます。

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212115j:plain

あっという間に、黒はすべて隠れてしまいました。

f:id:yamanoimokkoubou:20170121212116j:plain

とっても漆の仕事らしい写真になりました。