読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

地の作業を進めます

彼らには、蒔地or麻布貼りをした後、拭き漆をしました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20161106222941j:plain

蒔地の質実な表情もいいですね。今度、何かに応用しましょう。・・何か?何かな?何だろね。

今日は、地の粉地付けor布目への切子地付けです。

早速、地の粉地と漆を・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106222921j:plain

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106222949j:plain

う~ん、久しぶりに作るといまいち感覚がわからないなぁ…。そんなことじゃいけないのですが。

さっさと地の粉地を付けます・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106222952j:plain

曲面の地付けはやっぱり難しいですね、・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106223025j:plain

当然ですが、布目への切子地付けと並行して、交互にしていきます。

布目へはこすり付けるように切子地を付けます、・・・ガシガシガシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106223040j:plain

・・・ペタペタペタ・・・、・・・ガシガシガシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20161106223047j:plain

↑地の粉地は漆が少なかったですかね…。

広告を非表示にする