読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

繕いサビ

瓦型銘々皿を先に進めようと思いますが、鉋加工で木口部分を欠損させてしまった部分が散見されます。

言い訳をすると、この材料の桐があまりにも「しまり」ないものだったので…、ハイ、すみません。

もちろん、布を貼るので隠れてしまうのですが、欠損のままだと内部に空隙を生じさせてしまうのでなんだか嫌な感じです。

サビで繕うことで欠損部分を埋めることにします。

いつ作ったんだかわかりませんがサビ・切子地があったので利用します。

f:id:yamanoimokkoubou:20160415214600j:plain

ダマダマばかりなので漉します。

カラカラでもあるので生漆を足して混ぜます

f:id:yamanoimokkoubou:20160415214551j:plain

まぁ、きっと乾くでしょう、見た目には変化がありませんし。

こんな感じで欠損しています↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160415214612j:plain

サビで埋めてあげます。・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160415214601j:plain

形を作るわけではないのでヘラで余分なサビはなるべく削り取ります。

積層部分でやや吹っ飛んでいるところもあり、どこが欠損か確認するのにかえって時間がかかるので、結局全体にサビを練りこみました。

f:id:yamanoimokkoubou:20160415214615j:plain

・・・瓦に近づいた。

広告を非表示にする