読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

瓦も漆部屋の仲間入りです

瓦型銘々皿はまずは面取りです。

豆鉋で・・・シャーッ、シャーッ、シャーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414221856j:plain

とは言うものの、形がややこしいので鉋では削れないところも多い。そのため、小刀も使って面取りをします。

そのあとはペーパーがけ。

もっとも、鉋では大雑把にしか形をとっていないので、平面の部分などはペーパーがけに頼るところが大きいです。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414221909j:plain

ペーパー仕事と呼ばれても仕方がない…。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414221914j:plain

木地が出来上がったので、漆部屋に移ります。

瓦の前にフォトフレームの摺り重ね。

・・・ペタペタ、ゴシゴsh・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414221926j:plain

そして一輪挿し。

黒漆のほうは摺り重ねが終わった(2回しかやっていないが…)ので、ノーマルのほうの摺り重ねをします。

・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414222104j:plain

・・・フキフk・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414222020j:plain

私の欲の皮と同じくらい「厚い」摺り重ねです。

いよいよやってきました瓦型銘々皿。

・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414222028j:plain

と~~ても漆をよく吸います。がっかりです。

・・・ゴシゴシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160414222019j:plain

繊維方向を違えて積層させているのでしましまになっています。