読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

もはや違いが分かりませんね・・・

一輪挿しばかりで、どれがどの写真か違いがわからなくなりつつあります。

まずは昨日の続きのキハダのサンドペーパーがけから。

・・・シャカシャカシャカ・・・

キハダの粉は気管を著しく害するような気がします。

なんだか喘息になりそう・・・。丸鋸での切断などでは苦しくなります。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220537j:plain

次はウォールナットの拭き漆。

今日は丁寧に拭きます。

・・・ペタペタ、ゴシゴシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220525j:plain

・・・ペタペタ、ゴシゴシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220542j:plain

次は同じくウォールナットですが、黒漆で。

・・・ペタペタ、ゴシゴシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220534j:plain

ちょっと寄り道して、フォトフレームの摺り重ね、3回目だったかな。

・・・ペタペタ、ゴシゴsh・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220707j:plain

右がbefore、左がafter。写真じゃ分からない・・・。

最後に、朝、木地を仕上げたキハダの一輪挿しの捨て摺り。

・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220714j:plain

捨て摺りは漆をよく吸いますが、キハダは特によく吸います。

木口は際限がないくらいに・・・。

・・・ペタペタ、ゴシゴシ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160407220717j:plain