山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

木地ができました

今日もウォールナットの一輪挿しを磨きます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160401214613j:plain

・・・シャカシャカシャカ・・・

・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160401214609j:plain

サンドペーパがけが終わったら、次は面取り。こちらもサンドペーパーでやってしまいます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

・・・

ようやく木地ができました。一輪挿しも明日から拭き漆に入れます。

 

ちょっと思うところあって、桐の薄板を矧いで(矧ぐ「はぐ」:板を合わせて幅を広くすること)います。

f:id:yamanoimokkoubou:20160401214603j:plain

「ぽかぽかな」桐です。まあ、昨日あけたビールといったところでしょうか。

漆器の胎になるので、こんなんでいいでしょう。

もちろん柾でとってあります。当然ですが・・・。

広告を非表示にする