山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

こんどは呂色地です

この前は「刷毛描宝石箱」の布目地を完成させましたが、まだ呂色地の宝石箱もあるので、こちらも仕上げます。

f:id:yamanoimokkoubou:20160330221116j:plain

それにしても漆は難しいなぁ~。

勉強・経験不足が原因ですが、このような「塗り物」をすると自身の至らなさが如実に見えて、もはやつらい…。

・・・気を取り直して、内側の市松部分を納め、作品・製品としての完成を目指します。

まずは天・地の貼り付けから。・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160330221102j:plain

何度も言うようですが、私とてクランプの直付けは嫌なのですよ…。

クイックなので早速次に取り掛かります。

側板の調整、・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160330221117j:plain

・・・シャカシャカシャカ・・・

いろいろで目が疲れます↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160330221115j:plain

そして接着、「やっつけ、やっつけ」。

↑もちろん、「いい加減」の意ではないですよ。「やっ付け印籠」。

・・・ペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160330221204j:plain

あとは接着剤が乾くのを待つだけです。

広告を非表示にする