読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

「刷毛描宝石箱」は「やっつけろう」

もうお気付きと思いますが、この「刷毛描宝石箱」は「やっつけろう」です。

「付け印籠(いんろう)形式」ね。

鉋で、市松模様のパーツの目違いをとり、仕上げをします。

・・・シュッ、シュッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160326220237j:plain

幅の細いパーツも仕上げ鉋・・・シュッ、シュッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160326220304j:plain

と、ここで、なんとこのパーツの幅を間違っていたことが発覚…、oh…。

詮方なく、しょうがなく、手鉋で幅を削って合わせます。

・・・シュッ、シュッ・・・

適度な長さで留を切ったら、「やっつけろう」の調整です。

f:id:yamanoimokkoubou:20160326220255j:plain

「刷毛描宝石箱」の漆仕事は布を巻いてあるので、内寸が一定でないのです。

つまりは現物あわせ。

一つ一つ長さを確認しながら、留木口台(とめこぐちだい)で合わせていきます。

・・・シュッ、シュッ・・・