読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

カラフルな画像のほうがアップするほうも楽しいです

塗りの箱はようやく色漆での塗りの作業に入りました。

まずは山吹色、・・・ペタペタ、スーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160205221929j:plain

青竹色、・・・ペタペタ、スーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160205221940j:plain

紫、・・・ペタペタ、スーーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160205221952j:plain

蓋は朱です、・・・ペタペタ、スーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160205221954j:plain

塗りがへたくそな私は縮んでしまうことが危惧されます。

・・・とっても心配です。

写真は色が鮮やかですが、色漆の常として、乾くと暗色になります。

もちろん、日にちがたてば漆が透けてきて色味も明るくなりますが、それでも戻るのは六分くらいまででしょうか。

強度と鮮やかさとの兼ね合いももっと勉強しなければなりません。