読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

桐の塗りの小箱は切子地付け

桐の塗りの小箱は切子地付けの2回目をします。

まずは、切子地作り。

・・・ペタペタペタペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160123221338j:plain

はい、出来上がり。

今日はなんだか赤い感じがする・・・。砥の粉を変えたからかな?

早速、小箱に付けていきます。

・・・ペタペタ、スーーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160123221136j:plain

一面ずつするので、各駅停車。

f:id:yamanoimokkoubou:20160123221140j:plain

ストーブの温風にあてて乾かします。

ある程度乾いたら、ダマをサンドペーパーでとります。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160123221419j:plain

再び、切子地付け、幅の狭いところももちろんヘラでやります。

・・・ペタペタ、スー--ッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160123221313j:plain

今日は三度切子地を付けました。

あともう一度で終わりそうだったのですが、そこまでは行きませんでした、残念・・・。