読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

今日は一日漆部屋にいました

外は寒かったらしいのですが、今日は一日漆部屋にいいたため、体はポッカポカ。

なんせ漆部屋は25℃にするので、寒かったのはストーブを付け始めた朝だけでした。

その漆部屋で何をしていたかというと、桐の塗り箱です、・・・最近こればかりですが。

まずはシケの頭をはつるためサンドペーパーでかる~く研ぎます。

・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160114214033j:plain

時代が出た感じになりました↓

f:id:yamanoimokkoubou:20160114214100j:plain

そして2回目の塗りです。

・・・ペタペタ、スーーーッ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160114214053j:plain

こんな感じです↓残念ながら、汚い部屋もいっしょに写っています。

f:id:yamanoimokkoubou:20160114214109j:plain

その他の漆の作業もしました。

タモの手持ち開き戸の天地板の摺り重ねです。

・・・ペタペタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160114214141j:plain

ちょっと側板よりも茶色くなりすぎたようです。

このように拭き漆でも行うタイミングが異なると同じような色味にならないことがあります。

漆さんは生き物なのです。