山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

砥石で研ぎます

サビ付けが終わった桐の塗り箱ですが、数日置いてサビも乾いたので、研ぎをします。

当たり前のことですが、サビを研ぐのは砥石に限ります。

箱の内側は研ぎづらいですが、・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160107221415j:plain

・・・どんどん水気を取るタオルが真っ黒になっていきます。

箱の外側も、・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160107221552j:plain

・・・手も真っ黒になります。

蓋の曲線も、・・・シャカシャカシャカ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20160107221432j:plain

いつものことですが、とても時間がかかってしまいました。

f:id:yamanoimokkoubou:20160107221438j:plain

栗の棚の拭き漆が終わったらこちらも「地固め」の拭き漆をしようと思っていたのですが、今日は取り掛かれませんでした。

広告を非表示にする