山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

秋のジャガイモほり

f:id:yamanoimokkoubou:20151122203153j:plain

今日はジャガイモほりをします。といっても「琳派フェア」で京都国立博物館に行かなければいけないので、出発前に片付けたいと思います。 

丹波は朝の6時~♪

f:id:yamanoimokkoubou:20151122203137j:plain

ほとんど真っ暗です。でも、よく見るとジャガイモの葉っぱが見えます。

薄暗い中でジャガイモほりを開始しました。

・・・確認しておきますが、うちは農家さんではありません。

暗いと写真を撮ってもほとんどわからないので、だいぶ作業が進んでから撮りました。

↓こんな感じです。

f:id:yamanoimokkoubou:20151122203155j:plain

今年の秋イモは一株あたりの個数は少なかったものの、大きなイモが多かったです。

おそらく「間引きをしすぎた」and「9月・10月は涼しかった」ために地上部の発達が十分ではなく、イモの数が限られて、「11月は暖かかった」ので肥大はうまくいったのでしょう。

3kg(だったよな)植えてこれだけの収穫量になりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20151122203159j:plain

品種は・・・「デジマ」と「ニシユタカ」でしたが、どちらを多く植えたか忘れました…。まぁ、味も去年食べてみてほとんど変わらなかったように思いますし…。

右上に見える赤いイモは今年の春になぜかメークインの株から出てきた赤いイモを植えてみたものです。彼らは発芽がとても遅く、ほとんど増えませんでした。

1時間ほどですべてを掘り終え、後片付けは嫁さんにお願いして(ありがとう~)、京都へ出発しました。

 

広告を非表示にする