山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

パスタ皿の制作です

前回の投稿で「栗の棚をいったん休止してパスタ皿に取り掛かる」とお伝えしましたが、今日から本格的な制作です。

まずは丸鑿(まるのみ)で荒彫り。・・・トントントントン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221901j:plain

手が決まっているような仕事なのでサクサク進めます。

次の鉋(かんな)がけがなるべく少なくてすむように、できるだけ凹凸はなくなるようにします。

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221847j:plain

もちろん、裏すきも忘れずに・・・トントントン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221925j:plain

栓(せんのき)は鑿のあたりがよく作業も楽でした。

欅(けやき)も鑿の造作には向く材料ですが、他の樹種に比べて硬く力が要ります。

ただ、今回の欅は糠目(ぬかめ)の柾(まさ)取りなのでこちらもサクサク進められます。

・・・トントントントン・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221906j:plain

欅は栓以上に鉋がけが難儀になるので、こちらも凹凸が極力なくなるようにします。

というか、「手間のかかる仕事はあとの工程に持ち越さない」という基本的なことですが。

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221913j:plain

丸鑿の作業を終えることができました。

f:id:yamanoimokkoubou:20151116221922j:plain

区切りの良いここでいったん家庭菜園へ・・・

 

・・・家庭菜園から帰ってきたら次は鉋がけです。

いくつかの豆鉋を使い分けて・・・サクサクサク・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151116222058j:plain

表面を滑らかにしていきます・・・サクサクサクサク・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151116222218j:plain

栓のほうは表面が整いました。

f:id:yamanoimokkoubou:20151116222305j:plain

欅の方も全体の75%くらいまで滑らかにしましたが、ここで今日は時間になりました。

 

広告を非表示にする