山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

桐の箱は地の粉地

今日は京都博物館の「琳派フェア」ですが、朝早く目が覚めた。なので、時間ももったいないですし、ちょっと漆の作業を進めます。

桐の箱は「地」を作る工程に行きました。今日は地の粉地。

地の粉に水を混ぜて・・・サクサクサク・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151101225919j:plain

漆を混ぜます・・・ペタペタペタタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151101225918j:plain

地の粉地は、サビに比べて混ぜるのが楽チンです。

地付けは基本的には隣り合わない面をしていくので、まあ、取り掛かりですし底から・・・ペタペタペタタ・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151101225923j:plain

こんな感じかなぁ~。「ヘラ付け実質数ヶ月」(実際のヘラを使っている時間の合計です)の私は「へタっぴ」です。

とりあえず、身の底に地の粉地を付けたところで、時間になりました。「琳派フェア」に出発です。

f:id:yamanoimokkoubou:20151101230220j:plain

広告を非表示にする