山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

目摺りサビ

今昔の観がある桐の箱のですが、今日は久々に登場です。

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224843j:plain

目摺りサビをします。私は「切子地」で行うのでまずはサビ作り、砥の粉を出して、

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224813j:plain

水でねってだまをある程度つぶして、漆を混ぜてよく練ります。

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224847j:plain

今度は地の粉を出して、同じく水でねって、漆を加えて、先ほどのサビと混ぜます。

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224837j:plain

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224847j:plain

切子地ができました。ヘラで布目にすり込みます。・・・がしがしがし・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224901j:plain

f:id:yamanoimokkoubou:20151028224905j:plain

全部目摺りサビをする前に、切子地がなくなって、さらに時間が来てしまいました。続きは明日です。

広告を非表示にする