山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

布目を研ぎます。

昨日、余分な布を切って、重なっていたところも整えた桐の箱。今日は全体の布目の凹凸を研ぎます。

f:id:yamanoimokkoubou:20151019223430j:plain

麻布は思ったよりも凸凹なのです。

今回のこの箱は布目摺りで仕上げるのではなく(というか布目摺りができるほど布張りすらうまくない…)、地をしての塗りにするので、少し強めに研ぎます。ただ、布の糸が切れてしまっては意味がないので、程度の問題です。

・・・木工やのだいぶ自己流ですので、塗師やさんは怒らないで下さい・・・

f:id:yamanoimokkoubou:20151019223438j:plain

ちょっと強すぎたかな。箱が白くなりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20151019223446j:plain

はい、終わり。今日のブログの更新はこれだけでした。

広告を非表示にする