山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

布を貼りましょう

桐箱に布を貼りましょう。

私は木地を桐で作ったときは布を貼るようにしています。桐はとても柔らかいので、ぶつけた衝撃でへこんだり、形が変わったりすることが懸念されるからです。

 

まずは麻布をはさみで切ります。まっすぐ切ったはずなのにあとで見ると曲がっているというのは「麻布あるある」ではないでしょうか。・・・チョキチョキ

f:id:yamanoimokkoubou:20151009222943j:plain

次に糊漆を作りましょう。

久しぶりに糊漆を作ります。こんな感じだったかな。・・・ぺチャぺチャ。

f:id:yamanoimokkoubou:20151009222940j:plain

ちょっと生漆が多かったかもしれません。

ヘラで台つけして麻布を貼り付けていきます。

このあと地をするのですが、地がやせて側面の麻布目が透けて見えたときに継ぎがあるとかっこ悪いので、側面は1枚になるようにしたいと思います。・・・ペタペタ。

f:id:yamanoimokkoubou:20151009222933j:plain

とりあえず、今日は側面+αで終わり。

塗師やさんから見れば稚拙なレベルかもしれませんが、木工やがやっていることゆえご容赦ください。

広告を非表示にする