山乃井木工房:岩井雄介のいま何作ってましたっけ

京都丹波(京丹波町)の山村で木工をするあるつくり手の備忘録

塗り木地の続き

塗り木地の制作も後半に差しかかりました。もっとも木地ができてから、長い漆の作業が待っているわけではありますが・・・。

f:id:yamanoimokkoubou:20151004212226j:plain

身のほうは前回お伝えした木釘をのこぎりで切って、鉋(かんな)で頭を払い、上げ底を付けるだけとなりました。

f:id:yamanoimokkoubou:20151004212230j:plain

天板は薄板の接着であら方の割付を出し、

f:id:yamanoimokkoubou:20151004212223j:plain

内刳り(うちぐり)をしました。合板なので、削るごとに違う層が出てきて、それで深さとバランスを見ることができます。

 

広告を非表示にする